PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

篠山市長選挙に酒井隆明氏・奥土居帥心氏。市名変更の住民投票も同日

   

Pocket

篠山市が市名変更の是非をめぐる住民投票共に、篠山市長選挙も同じ

11月18日に行う事となりました。

 

篠山市長選が行われる・・・。

篠山市を丹波篠山市にする事への住民投票の是非を問う篠山市長選挙

が行われる事となりました。丹波篠山市に変更するかどうかを住民投

票で決めるとして現市長である酒井隆明氏が市長を辞職し、出直し市

長選という流れになったのですが、その対抗馬として篠山市議会議員

の奥土居帥心氏が立候補する事となりました。

広告

ただ丹波篠山市に変更するかどうかに関しては両者とも住民投票で

決めるべきとしており、スタンスには差がありません。市の名前を

変更するかどうかの住民投票は市長選と同じ日として11月18日と

なっています。

 

奥土居帥心氏は出馬する理由として

「無投票になることは阻止しなければならないし、選挙戦になる

ことで、住民投票の投票率を上げることにもつながるのでは」と

答え、酒井前市長が、争点の一つに市名変更の是非を上げている

ことについては、「市名変更は住民投票で決着すべき問題で、政

争の具にはしてはならない」

以上。丹波新聞ソース。

 

としているのですが、市長辞任の理由が市名変更の是非で、まあ是

非も何も住民投票をする事が決まっている以上は市名変更の是非は

争点になりそうもありません。両社とも住民投票で決めるべきとい

うスタンスなのですから。

 

ただ奥土居帥氏は他に少子高齢化や人口減少対策として、農業振興

や子育て支援の充実も訴えていくとしています。

広告

酒井隆明氏・奥土居帥心氏はどのような人物か?

酒井隆明氏は1954年11月16日生まれの兵庫県出身。1995年から20

07年まで3期にわたり兵庫県議会議員を務め、2007年に篠山市長選

挙に無投票で当選しています。2011年には選挙で当選、2015年に

は無投票で当選しておりこれまで篠山市長を3期務めています。

 

奥土居帥心(おくどい・すいしん)氏は1958年8月3日生まれで、真言

宗大觀寺(だいかんじ)住職から選挙に出馬しております。過去2回の

選挙はいずれも最下位当選でぎりぎりの選挙戦を戦ってきましたが、2

016年の選挙では定数18で12番目に当選しています。

 

名字由来net.によれば奥土居という苗字は兵庫県佐用町などに同じ

地名があるそうで、由来は「おく」は奥地、「ど」は土地、「い」

は居住地だとしています。全国に50人程いるとしています。

 

今回は丹波篠山市に変更するかどうかの住民投票も行われ、篠山市

長選挙と共に11月18日に行われるのですが

「全てが後手。(酒井氏が)8月に市名変更を表明した時点で信

を問えばよかった」(中略)「信を問うなら、来年2月の市長選

ですればいい。今回の対応は全く不可解で、財政的にも浪費。大

義なき市長辞任だ」

以上。神戸新聞ソース。

 

 

市名変更の是非を早々に行えばよかったのにという声が与党議員ら

から聞かれ、住民投票そのものには賛成でもその過程に関しては疑

問の声が多く、対立候補である奥土居帥心氏も似たようなスタンス

となっております。

広告

 - 政治