PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

野々村竜太郎被告は強制出廷へ。強制を可能にした「勾引状」とは?

      2016/09/14

Pocket

2016年1月26日に予定されている野々村竜太郎被告の裁判ですが、

神戸地裁は26日も野々村被告が裁判を欠席する可能性があると判

断し、「勾引状」なるものを発付しました。

 

勾引状とはどんな状なのか?

今回野々村竜太郎被告に発付されたという「勾引状」なのですが、

いったい勾引状とはどんなものなのでしょうか?

裁判所が被告人などを勾引するために発する令状。

以上。デジタル大辞典より。

広告

これだけだと当然何の事だかわからないのですが、勾引と言う意味は

被告人,証人,身体検査を受けるべき者を裁判所その他一定の指

定された場所に強制的に引致する裁判およびその執行をいう。被

告人に対しては,24時間の留置の効力をもつ。勾引は強制処分で

あるから,令状主義の要請に従い裁判官の発する勾引状に基づい

て執行される (刑事訴訟法 62,64以

下) 。

以上。ブリタニカ国際大百科事典より。

結局のところ野々村氏を強制的に裁判に参加させるためにおこなう

処置の事を勾引といい、そのための必要な手続きとして今回神戸地裁が

野々村竜太郎被告に対し勾引状を発付したわけです。

たしかに1回目の裁判には出席しませんでしたが、1回の欠席のみで「勾

引状」の発付というケースは多いのでしょうか?

 

どうも1回の欠席で勾引状を出すというケースはかなりめずらしいそうで、

言ってみればそれだけ26日の裁判も野々村竜太郎被告が出廷しない可能性

が高いと神戸地裁が判断したからなのか、それとも何等かの理由でそうい

う可能性を把握したのか、もしくは初めから野々村被告を信用せず26日に

合わせて勾引状を神戸地裁が発付するつもりだったのか・・・どちらにし

ても野々村竜太郎氏はチェックメイトの状態である事には違いありません。

 

この勾引状なんですが、毎日新聞によれば最高裁の情報として、勾引状が

発付されたケースは、民事訴訟も含め、2011年度57件、2012年度86件、

2013年度91件、2014年度88件となっていて、やはり出廷しないと発付

されてしまう事はあるようですが、やはり1回の欠席で発付されてしまう

野々村氏はやはり特殊としかいいようがありません。

広告

もし、26日の裁判を欠席しようとすると・・・。

では、野々村竜太郎氏が26日の裁判を無理やり欠席しようとすると

どうなるのでしょうか?

そうなった場合、勾引状に基づき神戸地検などが身柄を確保し、地裁

へ移す事になります。もう少し正確に書けば、検察官の指揮により検

察事務官や警察官が被告の身柄を確保した上で、裁判所に連れてくる

そうです・・・。という事は、裁判前日から野々村被告がいるとされ

る住之江区のマンションに見張りでもいるのでしょうか?

 

そして、当日時間が経っても出てこなかった場合、そのタイミングで

野々村氏のマンションへ行き身柄を確保・・・前回はマスコミに見つか

りパニックになったとしていますが、もし身柄確保となればパニックど

ころではなさそうですね・・・。

素直に出廷される事を祈るのみです。

広告

 - 便利, 政治