PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

蓮舫議員が立憲民主党入り。当初希望の党入りを目指すもとん挫。

   

Pocket

蓮舫氏を含む5人が民進党の会派を離脱し、新たな会派として参議院で立

憲民主党を結成するのですが、選挙が終わっても政界再編が終わりそうに

ありません。

 

蓮舫氏が民進党会派離脱。

民進党は離党した蓮舫元代表ら5人の会派離脱を参院事務局に届け出まし

た。蓮舫氏の他に川田龍平、風間直樹、有田芳生、江崎孝4氏も同時に会

派を離脱していて、現在立憲民主党に入党しており、1月22日召集の通常

国会では立憲民主党会派結成を届け出る事となっています。

広告

これまで蓮舫氏は立憲民主党に入党しながら民進党にも党籍があるという

いわば「二重党籍」の状態となっており会派離脱で晴れて立憲民主党入り

となったのですが、このような状況になっている事自体が2017年の衆議

院選挙の余波を民進党が引きずっている状況と言えます。

 

そして立憲民主党が参議院で会派を結成する事により、参議院の勢力は自

民・こころ125、民進党・新緑風会42、公明党25、共産党14、日本維新の

会11、希望の会(自由・社民)6、立憲民主党6、希望の党3、無所属ク

ラブ2、沖縄の風2、国民の声2、無所属4という事になります。

 

今後も民進党参議院から離党者が出る事も予想され、希望の党との統一会

派もうまくいかず民進党はならなる岐路に立たされることになりそうです。

広告

当初希望の党入りを目指していた蓮舫氏。

今回立憲民主党入りをした蓮舫氏ですが、当初は希望の党入りを目指して

いました。元々民進党への離党届より先に立憲民主党への入党届が承認さ

れ経緯があり、一時的に「二重党籍」だったわけですが、

1月10日に民進党への離党届が受理されましたが、離党に際しては誰か

らも慰留されず、引き留める電話すらなかったそうで、本人は「みんな

ひどい!」と愚痴っていたようです。(中略)

 また、蓮舫議員は最初は希望の党に行こうとしていたようで、実際に

アクションも起こしていました。しかし、野田さんが排除されたために

あきらめたそうです。

以上。ビジネスジャーナルソース。

 

と半ばヤケクソ気味での離党となったようなのですが、仮に慰留があった

として民進党へ残る気があったのかどうかも謎なのですが。「野田さんが

排除された」というのは蓮舫氏は野田氏のグループに所属しており、201

7年の衆議院選挙時に希望の党から漏れたとされる「排除」リストの中に

菅直人、野田佳彦、赤松広隆3氏の名前があり、当初はこの3名のみだった

のがいつのまにか排除リストの議員がなぜか増えていったというのです。

しかも排除予定者という小さい枠から完全にリスト化されてしまったとい

う、誰かが手心を加えた状態になっていたという話なのです。

 

どちらにしても党の思想を完全に無視してどこかの党に入ればいいという

考えで動いたのであれば蓮舫氏は政治家として何を目指しているのでしょ

うか?

広告

 - 政治 , ,