PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

精神疾患と診断後入院期間50年以上が1773人。対応に苦慮。英語では?

   

Pocket

精神疾患で長期入院している人の数が判明したのですが、中には50年

も入院している人がいるという衝撃的な結果が報告されています。精

神疾患は英語でmental disease、psychiatric disorder、psychologi

c illness、psychosisなどがあります。

 

50年入院の精神疾患患者が1700人以上。

全国の精神病床のある病院で50年以上入院する精神疾患の患者数が、

2017年6月末時点において1773人いる事が毎日新聞調査でわかった

そうです。これまで長期入院に関する患者数について公的な統計はな

いそうで、あまり知られていなかった精神疾患患者の一面が見えてき

ました。

広告

調査では国の精神病床を持つ病院の97.7%にあたる1588の病院を対

象に、1967年6月以前に入院した患者の人数を確認したとしています。

ちなみに神奈川県は「病院との取り決めに反する」入院年月を公表し

ていないので横浜、川崎、相模原の政令指定都市3市のみの数字とな

っているのですが、

 

判明した中で記録上最も長期だったのは長崎県の患者で、1923

年11月28日に入院していた。診断をみると、明記されていた1

246人のうち統合失調症が約8割を占めた。性別は1433人確

認でき、内訳は女性が758人、男性が675人だった。

以上。毎日新聞ソース。

 

となっているのですが、1923年の人は入院費はもちろんですが、病院

の存続や患者の生活とかそもそもなぜそれほど長期なのか疑問点がい

くつも出てくるのですが、精神疾患という事もありそうそう公けには

できないのでしょう。

 

公けにできないのはどの病気も同じなのでしょうが、50年入院してい

る人が1776人もいるというのはそんなに多いのかという感覚を持ちま

すが、人によっては別の見方もあるかもしれません。

 

鹿児島市の病院に55年間入る女性(80)が毎日新聞の取材に

応じた。統合失調症を患い25歳で入院。両親らは亡くなり、今

は身寄りもない。「退院してもおるところがない」。力なくつぶ

やいた。

以上。毎日新聞ソース。

 

としていて、決して強制性を伴った入院ではないにしても、退院後の

展望がない事もあり、結果的に長期入院となっているケースは他にも

あるかもしれません。

 

精神疾患での入院患者は284172人でその内入院期間が20年以上の患者

は2万5932人となっています。

広告

経済協力開発機構(OECD)によれば、日本は人口1000人当たり2.63

床で、OECDの加盟国38カ国で最多となっています。。国により統計

の取り方が違うものの、2番目のベルギーの1.37床の2倍近い水準となっ

ています。厚生労働省は2004年に10年間で当時の約35万床から7万床へ

の削減を目指したものの、2016年現在33万4528床とほとんど減ってい

ません。

 

相模原市で起きた障害者施設殺傷事件をきっかけに、精神疾患で強制的

な入院措置による患者の支援が問題となったのですが、国が支援するた

めの精神保健福祉法の改正が成立していない状況で、対応は自治体間で

分かれており、苦慮している現状があります。

 

精神疾患の患者に対する対策がなかなか進まず、患者数もほとんど減ら

ない中で国・病院・自治体・地域それぞれができる事を見つけられない

現状に解決の難しさが滲み出てしまっています。

広告

 - 便利