PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

世界遺産登録2015 日本に勧告。「韓国の主張反映するように」と。

      2016/09/14

Pocket

韓国・朝鮮日報の報道で、日本政府がユネスコの世界遺産登録を推進していることに関連し、

ユネスコ傘下の国際記念物遺跡会議(ICOMOS)が、「歴史の全貌を知ることができるよう

な解釈を準備するように」と日本政府に勧告したというニュースを伝えています。

 

日本政府は1850年代から1910年までに建設された炭鉱、港湾、製鉄所など、23カ所の世界

遺産登録の準備を進めています。

今回登録23か所というのは

萩(山口県)
萩反射炉
恵美須ヶ鼻造船所跡
大板山たたら製鉄遺跡
萩城下町
松下村塾

鹿児島市(鹿児島県)
旧集成館
寺山炭窯跡
関吉の疎水溝
韮山(静岡県)
韮山反射炉

釜石(岩手県)
橋野鉄鉱山・高炉跡

佐賀(佐賀県)
三重津海軍所跡

長崎(長崎県)
小菅修船場跡
三菱長崎造船所 第三船渠
三菱長崎造船所 ジャイアント・カンチレバークレーン
三菱長崎造船所 旧木型場
三菱長崎造船所 占勝閣
高島炭坑
端島炭坑
旧グラバー住宅

三池(福岡県、熊本県)
三池炭鉱・三池港
三角西(旧)港

八幡(福岡県)
官営八幡製鐵所
遠賀川水源地ポンプ室

 

が世界遺産登録の対象となっているのですが、今回韓国側の抗議で国際記念物遺跡会議

(ICOMOS)が、「歴史の全貌を知ることができるような解釈を準備するように」と伝達

してきたというのです。これは果たして本当でしょうか?まああの韓国の事ですからなんで

もやってくるでしょう。ああいう国とまともに対話や議論をすることや交渉とか

がいかに苦痛で国益を失うかは日本人なら誰でも知るところです。ところが、

複数の 政府関係者は同日、共同通信の取材に対し、「諮問機関から、そのような連絡は受けて

いない」と 述べた。

と朝鮮日報の報道を「否定」しているのです。どちらが本当なのでしょうか?政府の見解と韓国側

の新聞・・・まあどちらを信用するかは言うまでもないですが、ただ今回の問題は尾を引くことは

間違いありません。そもそも朝鮮日報にも書かれているように今回の遺産登録の対象の建物は1850

年代から1910年までに建設されたものを対象にしているものであり、韓国側の主張する「登録対象

施設の一部で日本の朝鮮半島統治時代に朝鮮人が動員された」時期とは異なり「不必要な政治問題化」

をしているの他なりません。

 

ただ、ごく少数ではありますが、韓国側にも「やり過ぎ」との意見があり、

「1日前に尹外相が同じ憂慮を表明したのに。わざわざ大統領まで出てくる必要があろうか。中立で

あらねばならない事務局長(ボコバ氏)の(決定への)介入は難しい。効果は期待できず、日本の反発だけを招く(朴大統領の)憂慮表明だった」

と言う声があり結局韓国側の納得しない登録は受け入れられないという事なのでしょう。

AD

 - 便利