PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

音喜多駿・上田令子両東京都都議会議員が都民ファーストの会を離党。

      2017/10/05

Pocket

音喜多駿都議と上田令子都議が都民ファーストの会を離党する流れとなり

ました。小池都政になんらかの影響が出てくるかもしれません。

 

都民ファーストの会の2都議が離党へ。

小池百合子都知事の党運営に疑問があるとして、音喜多駿都議と上田令子

都議の2名が離党を検討しているとしています。2016年夏の東京都知事選

では小池百合子氏を支援した当初からのメンバーであります。

広告

「小池知事の昨今の政治姿勢に疑念をもっていることは確かです。都民

からの信託を受けて都政に集中してほしいという声がある中で、国政政

党を立ち上げたということについて、少し納得がいかない部分がありま

す」(音喜多駿 都議)

 一方、上田都議は、「都民ファーストの会」の会派方針として議員個

人の調査活動を制約していると指摘、会派離脱を決めたということです。

 2人は、都知事選の早い段階から小池氏支持をうちだした都議でした

が、都議会定例会最終日の5日に会派離脱届けを提出し、新たな会派結

成するということです。

以上。TBSソース。

 

音喜多駿都議をなんとなく言葉を選んで話している感じもしてい、かなり

不満があったものと思われるのですが、最終決定ではないものの都民ファ

ーストの会の一部からも希望の党からの出馬を検討されるはなしがあるの

ももしかしたら地方軽視と見なしたのかもしれません。

 

都民ファーストの会の代表に荒木千陽都議が選ばれたことに関して、9月

13日に開かれた「都民」会派の議員総会では密室で代表が決まったと不満

があり、音喜多駿都議は

音喜多氏は産経新聞の取材に「密室でさまざまなことが決まってきた

旧来の都議会を批判して最大会派になったのに同じことを繰り返して

いる」と批判。さらに「執行部は規約通りに代表を決めたというが、

所属都議に規約が示されたことはない」と主張し、党側の今後の対応

見を守りたいとした。

以上。産経新聞ソース。

 

さらに音喜多駿都議は「自民党よりひどい『ブラックボックス』だ」と

していて、一時は党側の今後の対応を見守るとしたものの結果的に離党

となってしまいました。

 

メディア規制に関して

音喜多氏は「少なくとも私に関しては、メディア出演は厳しく規制され、

事実上出られない状態だった。また新人議員とご飯を食べに行こうとし

たら、それは派閥作りの行動だということで、厳しく呼び出され叱責さ

れた」と、かなり厳しい縛りがあったことを暴露。

以上。デイリースポーツソース。

 

広告

音喜多駿都議は東京都北区選出で2013年は定数4の4位で13296票を獲

得し初当選し、2017年は定数3の1位で56376票を獲得し2位当選者に

大差で当選しました。

 

上田令子都議は江戸川区選出で2013年は定数5の4位で31139票を獲得

し当選し、2017年は定数5の3位で50723票を獲得し当選しています。

1位当選は同じく都民ファーストの会の田之上郁子氏となっています。

 

今後は新たな会派を結成するとしているのですが、都民ファーストの会

からはどれだけ来るのか、そしてこの2人の離党が東京都議会並びに都

民ファーストの会にどのような影響がでるのかが気になる所です。

広告

 - 政治 , ,