PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

大砂嵐が道交法違反(無免許運転)書類送検へ。過去の力士の協会の処分例は?

   

Pocket

無免許運転により休場した大砂嵐ですが、近く道交法違反の容疑で大砂嵐

を書類送検する流れとなりました。今後の相撲協会の処分も注目されると

ころです。

 

大砂嵐が運転を認める。

大砂嵐は結局自ら運転していた事を認めました。捜査関係者は大砂嵐が当初

同乗の妊娠している妻が運転していたと説明していたものの、その後「自分

が運転した」と話しているとしています。

広告

同県山ノ内町の奥志賀高原スキー場近くで無免許のまま車を運転したとして

おり、防犯カメラの映像により長野県警は大砂嵐関が運転していたものと見

ているという事です。この事により道交法違反(無免許運転)容疑で大砂嵐

を書類送検するとしています。

 

日本相撲協会では捜査が終わってから判断する方針だとしています。

春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「大砂嵐の主張が本当かどうか、

警察しか知らない。真実が分からないようでは、本人に聞いても一方

通行」と話した。今後は大砂嵐の代理人弁護士を通じ、捜査状況など

の報告を受けるという。

以上。日刊スポーツソース。

 

今回の件について大砂嵐は日本相撲協会や親方には報告をしていなかった

という事で、突然出てきた問題という事になるのですが、さらに問題なの

が当初は妻が運転していたとしているのが途中から自分が運転したと供述

が変わっている点です。このような流れがあったのなら大砂嵐は最初は虚

偽の供述をしていた事となり、また別の問題が出てきたとも言えます。

広告

過去の力士の車による不祥事と処分は?

今回大砂嵐が無免許運転という事で道路交通法違反容疑で書類送検されそ

うなのですが、過去に力士がおこした車による不祥事はどのような件があ

ったのでしょうか?

 

東前頭2枚目だった水戸泉は1985年5月にレンタカーを運転中に追突事

故を起こし、本人や同乗者がケガを負い、師匠の高砂親方(元横綱朝潮)

より厳重注意処分となっています。

 

東前頭3枚目だった安芸乃島は1999年1月に乗用車でオートバイと衝突し、

相手の右膝に2週間のけがを負わせています。処分があったかどうかはわ

かりません。

 

西前頭8枚目だった闘牙は2000年12月に大阪市で乗用車を運転中赤信号を

無視した歩行者をはねてしまい歩行者が死亡する事故を起こしています。結

果2001年初場所の出場辞退の上3カ月間の減俸20%の処分となっています。

 

東前頭8枚目だった旭天鵬は2007年4月に信号待ちの車に追突する事故を起

こし、相手の運転手に軽傷を負わせ夏場所の出場停止と減俸処分が下ってい

ます。

 

これらの例を見る限りでは来場所出場停止に加えいくらかの減俸処分とな

るのでしょうが、ここ最近の相撲界の不祥事ならびに大砂嵐の供述の違い

の真相によってはさらに重い処分が科される可能性も考えられます。

広告

 - 便利