PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ジョーイ・メネセスをオリックスが獲得か。マイナー、メジャーでの打撃・守備成績は

   

Pocket

フィリーズ傘下3Aのジョーイ・メネセス内野手が2019年に日本球界入

りへ合意間近だと、地元メキシコのメディアが報じているとしています。

今のところオリックスが本命とされているのですが・・・。

 

メキシコののスポーツジャーナリスト、バンビーノ・セダーノ氏とい

う人物はツイッターで

「ジョーイ・メネセスが日本球界のオリックスとの契約について語

る」との文言を添え、スペイン語のインタビューを公開した。ただ、

「ストライクアウト」の記事では「どの球団がこの一塁手兼指名打

者と契約するのかはまだ不明だ」

以上。Full-Countソース。

 

だそうで、契約成立にはまだいくらかのハードルがある事を示唆して

います。

 

ジョーイ・メネセスはどんな選手か?

ジョーイ・メネセスは1992年5月5日生まれのメキシコクリアカン出身

ドラフトにはかかっていません。これまでメジャー昇格は果たしていま

せん。

 

身長は190.5 cmで体重は86.1 kgとなっており、これまで守った守備

位置は1塁が375試合、 ライトが147試合、レフトが945試合となって

います。

広告

ジョーイ・メネセスのマイナー・メジャー時代の成績は?

マイナー成績

レベル試合打数安打本塁打打点三振四球打率出塁率長打率OPS
Rk(3年)642226202243160.2790.3330.3560.689
A(2年)1665931581069145500.2660.3250.4010.726
A(2年)179637177872118560.2780.3380.3890.727
AA(2年)1715821571160121530.2700.3330.3750.708
AAA(1年)1304921532382110400.3110.3600.5100.870
計(8年)7102526707523055372150.2800.3380.4090.747

 

ジョーイ・メネセスは2011年にルーキーリーグからキャリアを開始し

ました。キャリア開始当時は19歳でその後22歳になるまでの4年間は

ルーキーとAを往復する生活でした。19歳という年齢からの開始とは

いえ、ややスタートから昇格には苦しんでいたようです。

 

2015年には始めてA+に昇格して1年間そこでプレーしているのですが、

打率は.239、出塁率も3割を超える事ができなかったりとかなり悪戦苦

闘したシーズンだったようです。2016年もA+でプレーしますが、2015

年とはうって変わり打数は多くないものの243打数で.342と高打率を残

し初めてAAに昇格しましたが、AAではあまり活躍はできませんでした。

 

2017年もAAでプレーし今度は.292と良い成績を残しています。2018

年はAAAで.311、本塁打23本の成績を残しており、今年所属している

インターナショナルリーグでのリーグ打率が.252という事を考えると

かなり高い数字と言え打率はリーグ2位、本塁打王、出塁率は8位の成

績を残しています。

 

全体的に見た場合は長打力はあまり期待できないようにも見えるのですが、

ただ2018年を除きこれまで年間で2ケタ本塁打がなかった(2つのレベル

またぎでも)のが2018年は23本と突然20本台に乗せており400打数以上

の成績を残した24選手で本塁打20本以上は5人しかいない事を考えると

この23本という数字は本物と言えるのではないでしょうか?

広告

メジャーでの守備成績は?

2012年と2013年は主にレフトとライトを守っていたのですが、2014年

以降は1塁を守る割合が増え以降は1塁がメインとなっているようです。

それでもたまにライトを守る時もあるのですが、ほとんどが1塁となって

います。

 

オリックスが獲得するようですが、ジョーイ・メネセスはどうも学習型

の選手のようですぐに環境に慣れるのはあまり得意ではないようです。

傾向を見ているとA+とAA昇格1年目はほとんどいい成績を残せず(A+

:2015年は.239→2016が.342、AA:2016年は.234→2017年が.292

)2年目に活躍するという傾向があります。この傾向を見るのであれば

オリックスは1年ではなく2年様子を見た方がいいと思います。

広告

 - 野球 , , , , , ,