PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

大沢樹生、DNA鑑定は避けられなかった?動機は喜多嶋舞からの言葉。

      2016/09/12

Pocket

大沢樹生がDNA鑑定に至った理由や週刊誌の報道に関して、

「ダウンタウンなう」(フジテレビ)で語りました。

東京家裁の判決で勝訴し、決着はしたものの大沢樹生自身の

心が晴れたわけではないようで・・・。

 

大沢樹生はDNA鑑定をせざるを得なかったと主張

大沢樹生は今回の実子をめぐるDNA鑑定の問題で、どうしてもDNA

鑑定をせざるを得ないを状況を話しました。

結婚2年目に喜多嶋舞がある人から『お前の子は俺の子だろ』と言

われた」というのが理由だと大沢樹生は話しました。

結婚2年目といえば1998年という事になりますが、もしそれが本当

だとしたらなぜその時にDNA鑑定をしなかったのかが気になる所で

はありますが、喜多嶋舞とはそのあたりの話はできていたのでしょう

か?

 

ただ、当時はその話を大沢樹生自身は信用していなかったようで、その

相手に関しては「定かではない」と誰なのかは知らないようでした。

後に騒動になった際に、大沢と喜多嶋共通の知り合いが「結婚前に関係を

持っていた」と大沢樹生に話したそうです。たしか喜多嶋舞は「付き合った

男性は大沢さんだけです」と言っていたような気がするんですが・・・。

 

DNA鑑定の報道に関しては、自ら話したわけではないとして、「弁護士を

紹介してもらうのに、芸能界と一般人、計4人に話をしました」

として、この4人の内のだれかが洩らした可能性があるようです。

広告

今は妻と娘と幸せな生活を。

現在の所大沢樹生は、15歳下の元モデルで31歳のさやかさんと2か月

の出会いでスピード結婚し、2012年に女児が死産となるも、2014年

に女児が誕生しています。

夫婦生活を「私の何がイケないの?」(TBS系)で放送されたのですが、

さやかさんは大沢樹生の「うっせーな!」の口癖が不満なようで、それ

でも育児や家庭的な面に関しては評価しているようで、さやかさんは

「幸せです」とコメントしていました。

大沢樹生を庇うつもりはありませんが、前の結婚生活はいろいろと

緊張しっぱなしだったので反動がきているのかもしれません。

 

SMAPを気遣っていた大沢樹生。

元光GENJIで元ジャニーズに在籍していた大沢樹生ですが、SMAP

の解散報道に対してSMAPを気遣うコメントをしていました。

騒動について、

「社内トラブルに巻き込まれたのならば気の毒に思う」

「これからもSMAPの母体は大切にしてほしい」「あれだけ国民に望ま

れているグループ。1度きりの人生を大切にしてほしい」

以上。日刊スポーツソース。

として、大沢自身はSMAPの解散に否定的ながらも、光GENJI時代にバッ

クダンサーとして接点があるSMAPメンバーを気遣っていました。

広告

 - 芸能