PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

大阪都構想 住民投票は5月17日。メリットデメリット以前の問題。

      2015/12/25

Pocket

大阪都構想 住民投票は5月17日ですが、ここにきていまだに

言われている言葉、それは「何が問題になっているのか?」と

いう声です。

広告

大阪都構想には分かりにくい点がある事は事実なのですが、それ

にしてもいまだに根本的なところからわからないという意見が出

てきている所に関心はあるが、なんとなく話題のみが先攻してし

まっているのか・・・いまさらながら感じてしまう所です。

 

都構想における経済効果も賛成派は4000億円といったり反対

派は1億円と言ったりこのあたりはあまりに数字がかけ離れてい

ますが、実際はというと・・・お互いがそれぞれの数字を主張す

るだけで全体像はあまり見えてきません。つまりどちらも、根拠

に乏しかったりします。

 

これではたしかに・・・「わからない」「なにがメリットなのか」

という意見が出るのもしかたないのですが、残り時間があまりあり

ませんので、とにかく説明していくしかないのですね・・・。

 

二重行政についても、府と市が競うように大規模開発を手がけて無駄

な税金を使ったとする例を示す賛成派と、「バブル期の政策の失敗は

あったが今は二重行政はない」と失政と二重行政の問題とは別とする

反対派。これも真向から主張が食い違っていますが、ただこちらはま

だわかりやすい部類だとは思います。どちらの主張が正しいかは有権

者の判断に委ねますが・・・。

 

わからないという事自体はしかたがないことなので、もう本当に今か

らでも勉強するしかないですね・・・。

広告

 - 関西政治