PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

大阪都構想 住民投票は5月17日に行われ即日投開票。

      2016/09/12

Pocket

大阪市を廃止し、5つの特別区に分割する大阪都構想の住民投票は

5月17日に決定しました。大阪市の未来を占う大きな住民投票にな

りますので、大阪市民ならず大阪全体が注目する住民投票になります。

 

ここで住民投票と通常の選挙の違いをまとめておきますと、

選挙運動ができる期間

住民投票 特に制限はなし。投票日当日の可能。
通常選挙 投票日前日まで。
<span style=”color:#FF0000;”>ポスターの掲示</span>

住民投票 制限はなし。
通常選挙 大きさ等は決まっていて、指定された場所のみ掲示可能。
<span style=”color:#FF0000;”>テレビの露出</span>

住民投票 制限はなし。
通常選挙 テレビCM等で投票を呼び掛けることはできない。
<span style=”color:#FF0000;”>メールでの投票呼びかけ</span>

住民投票 制限はなし。
通常選挙 メールの差出人は候補者に限られる。
<span style=”color:#FF0000;”>チラシの配布</span>

住民投票 制限はなし。
通常選挙 候補者のビラを配る事はできない。(大阪での地方選挙)
<span style=”color:#FF0000;”>街宣車の数</span>

住民投票 制限はなし。
通常選挙 候補者1人に付き1台のみ。(大阪での地方選挙)
<span style=”color:#FF0000;”>戸別訪問や買収</span>

住民投票 禁止。違反すると刑事罰の対象。
通常選挙 禁止。違反すると刑事罰の対象。
となっています。なお、通常は住民投票は拘束力がないケースが多いの

ですが、今回の大阪都構想に関しては拘束力を伴いますので、ぜひとも

投票に参加してもらいたいものです。

広告

 - 政治, 関西政治 , ,