PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

大阪ダブル選挙、市長選の期日前・不在者投票が増加。投票数は?

   

Pocket

11月22日に投開票される大阪府・市長ダブル選挙の期日前・不在者投

票者数を発表し、前回2011年のダブル選と比較した場合、知事選は1.5

3倍、市長選は1.43倍に増えているという事です。

投票日が連休の中日という事もあり、郊外への予定を立てている人が多

く、その結果期日前・不在者投票につながったのではと見られています。

AD

区ごとの大阪市長選の期日前・不在者投票者数は?

ここで、24区ごとの期日前・不在者投票者数を見ていきます。

 

区名        期・不計    前回ダブル選からの票の増減

北区                  6979                               48%
都島区               4550                               38%
福島区               3372                               47%
此花区               3296                               36%
中央区               3749                               34%
西区                  3291                               47%
港区                  3770                               31%
大正区               4268                               43%
天王寺区            3819                               46%
浪速区               2429                               26%
西淀川区            3886                               40%
淀川区               6550                               52%
東淀川区            7948                               33%
東成区               3512                               54%
生野区               3920                               51%
旭区                  4735                               36%
城東区               8677                               43%
鶴見区               5697                               45%
阿倍野区            5384                               36%
住之江区            8596                               30%
住吉区               7978                               39%
東住吉区            6285                               36%
平野区               9766                               46%
西成区               5628                                  2%
計                 128085                                38%

 

府知事選の期日前・不在者投票は大阪市全体では106046人で44%

の増となっており、大阪市長選の38%と比べてほぼ変わらない数値

となっており、期日前・不在者投票の浸透ぶりが窺えます。

 

大阪市長選の現在の世論調査は?

10月の終り地点での世論調査では自民候補の柳本顕氏と維新候補の

吉村洋文氏が接戦となっていましたが、14、15日の世論調査では維

新候補の吉村洋文氏がややリードと言う結果がでました。

吉村氏は20代~50代の有権者、柳本氏は60代以上の有権者からの

支持を固めているとされています。

 

ややリードとはどういうリードなのか?

ところで、今回の大阪ダブル選挙に限らず選挙関連のニュースでは、

候補者の優劣を伝える際の表現がいくつかありますが、これらの表

現には何か一定の基準などがあるのでしょうか?

 

例えば、

日経新聞が「松井氏が、栗原貴子氏らより優位」

産経新聞が「松井氏がリードし、栗原氏を上回っている。」

毎日新聞が「松井氏が、栗原氏らに対して優位」

朝日新聞が「松井氏が優勢で、栗原氏が追う」

読売新聞が「松井一郎氏が優位、栗原貴子氏が追う」

これらの表現の特徴としては、特定の候補者が上に立っていると

ある程度はっきりと表現しています。この場合、

知事選では読売を始め4紙が「松井氏が優位」とし、産経が「松井

氏がリード」と報道。この場合は、松井氏が他候補に比べて10〜19

ポイントリードしている状態だと考えられ、各社が「投票締め切り後、

『当確』が早い時間帯で打てると判断する」ほどの差があることを示

しているものと思われます。

以上。選挙ドットコム引用。

見も蓋もない言い方をすれば、松井氏はほぼ当選が確定している・・・

という事になりますね。おそらく全国の新聞で誰が見ても勝てそうな

候補者に対して、「勝利は確実でしょう」という表現はしませんね。

理由はもちろん、選挙なので何が起きるかわからないのと、報道の

公平性ですね。新聞をみた人に特定の偏りを持たせない事も重要です。

 

次に、

読売新聞が「吉村洋文氏がややリード、柳本顕氏が激しく追い上げている」

朝日新聞が「吉村氏がやや先行し、柳本顕氏が激しく追う」

毎日新聞が「吉村氏がリード。柳本氏が追う」

産経新聞が「10月下旬の段階では柳本氏と吉村氏が競り合っていたが、

吉村氏が引き離しつつある」

日経新聞が「吉村氏が、柳本氏をやや先行」

毎日新聞のみが吉村氏リードと言い切っていますが、他の新聞は府知事選に

比べると特定の候補者へのリードの表現は抑えられているようです。

これはどのように考えたらいいのでしょうか?

おそらく「やや」という表現を使った前者のグループは、吉村氏が柳本氏に比

べて5〜9ポイントの差がつき、「リード・引き離している」と断定を使った

後者のグループは吉村氏が10〜19ポイント上回った状態の調査結果がでたも

のと分析できます。

以上。選挙ドットコム引用。

各社新聞の世論調査なので新聞ごとにある程度の差がでるのはしかたがないのです

が、ポイント差で考えるのであれば吉村氏は確実に優勢とまではいかなくとも、安

定したポイント差があると考えてもいいのかもしれません。

 

府知事選の期日前・不在者投票に関してはこちら。

 

新聞報道やテレビの情報はネットが発達した現在でも大きな影響力を持ちます。

だからこそ、それらのメディアを見る人は個人で考え投票に移すことが求めら

れるのでしょう。

AD

 - 政治, 関西政治 , , , ,