PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

沖縄知事選に翁長雄志氏が呉屋守將会長と自由党の玉城デニーを指名。

   

Pocket

8日に逝去した翁長雄志知事が生前に後継候補を指名している音声が存

在していた事が分かりました。沖縄知事選のどのような影響が出てく

るのでしょうか?

 

翁長雄志知事が後継候補を指名していた。

沖縄県の翁長雄志知事が生前に2人の沖縄知事の後継指名をしていた事

が分かりました。後継の知事候補として指名されたのは金秀グループ

呉屋守將会長(69)と、自由党の玉城デニー幹事長(58)です。

広告

この件に関して

知事の遺志を受け、調整会議議長の照屋大河県議と新里氏が18日、

玉城氏へ出馬の意志を確認したが、玉城氏は固辞した。ただ、玉城

氏は豊見城市内で記者団に知事の後継指名に関し「非常に重い」と

言及。環境が整えば再考するかとの問いに「予断をもって言えない

」と再検討に含みを持たせた。また、自由党の小沢一郎共同代表に

も報告したことを明かし、「状況が変われば報告する」とも伝えた。

一方、呉屋氏は本紙などの取材に「私ができるのは経済人として次

の県政を支えることだ」と出馬を重ねて否定した。呉屋氏は17日の

調整会議の意向確認の際も固辞している。

以上。沖縄タイムズソース。

 

としており、今のところは両者とも知事選立候補は検討をしていないと

していますが、それでも過去には打診の話は出てはいたでしょうから、

今後の展開次第では意思が変わる事は十分に予想されます。

広告

呉屋守將会長は金秀グループの会長でオール沖縄の一員でもありました。

金秀グループは小売業・建設業・バイオ関連・ゴルフ場経営などあらゆ

る経営に参加しており、沖縄を代表する企業であります。

 

金秀グループはかつてオール沖縄の一員であったものの、2018年3月に

離脱しています。その理由として呉屋守將会長は革新色が濃くなってい

ることとしてに不満があったとしており、さらにオール沖縄会議で新基

地建設を巡る県民投票を実施するための運動を提案したものの、自身を

交えた議論を経ずにこの案が却下された過程にも不満があったようで、

名護市長選での支援候補敗北という理由での引責となり2018年3月に

オール沖縄会議の共同代表を辞任しその後脱会します。辺野古新基地

建設反対の意思は変わらないとしています。他には「かりゆしグルー

プ」が同じく脱会しています。

 

玉城デニー氏は1959年10月13日年生まれの沖縄県与那城村(現うるま

市)出身。2009年に行われた第45回衆議院議員総選挙で沖縄3区から民

主党公認で出馬し初当選しています。その後2012年に行われた第46回

衆議院議員総選挙では比例で復活当選し、2014年と2017年の衆議院総

選挙では小選挙区で当選しています。

 

これまで無所属→民主党→国民の生活が第一→日本未来の党→生活の

党→生活の党と山本太郎となかまたち→自由党という党籍になってい

ます。

広告

 - 政治 , ,