PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

落合博満GM退任。監督時代と違い成績を残せず、脅迫状も届く。

      2016/12/22

Pocket

中日落合博満GMが退任する事になりました。2013年のオフから3年間

GMとして活動してきたものの、監督時代とは違いGMとしては結果を

残したとはいいがたい内容でした。

 

中日に届いた脅迫状。

落合博満GMに関してはここ数年の中日の低迷の責任を問う声が挙がって

いました。GMを置かない球団の場合はチームの成績低迷の責任は大抵監

督が負うものなのですが、GM制があるチームの場合は監督のみならずG

Mにも責任を問う声が出てきます。それはGMがプロ野球経験者の場合に

より出やすい傾向にあります。

広告

落合博満GMに関してですが、2016年8月頃に球団あてに脅迫状なるもの

が届いていたと白井文吾オーナーが明かしており

「本人(落合GM)に届くようにきたわけだ。つまり見せざるをえな

いような。生命に危害が加えられかねないような内容? そうそうそ

う。存在を否定されるような、相当なもんだ。ただ、殺すんじゃない

んだ。相当なもんだよ。探偵小説の材料になりそう。俺も脅迫されて

いたんだ。おそろしいことを書くなぁと。本当におそろしい…」

以上。東スポソース。

 

そして警察に被害届を出したものの、犯人はいまだに捕まっていないと

して

「書いてある内容が内部のことに詳しいんだ。(犯人が)内部の可

能性もないわけじゃないだろうな。とんでもないヤツがおるという

ことだ。警察から用心しろと言われた。プロ野球の恥でもあるな」

以上。東スポソース。

 

いくら中日が低迷しているとはいえそれを理由に「脅迫状」を送ると

いうのはやや動機としては弱い感じがします。そうなると中日の内部

抗争によるガバナンス欠如・・・と考えるのが妥当ではないかと思え

ます。白井文吾オーナー社内に批判的な人がいることも理解しており、

おそらくは長続きはしないだろうとし、「志半ばも何もあったもんじ

ゃない」と無念そうに語っていました。

 

そういえば谷繁前監督が解雇されたのは8月9日なので、その時期あた

りに谷繁を支持する人物からの脅迫状とも考えられます。先ほども書

きましたが、いくらなんでも低迷を理由に脅迫状はいかにもやりすぎ

で、そこまでやるというのはそういうのを飛び越えた怨恨が感じられ

ます・・・。

広告

そもそもGMの責任の所在があいまいだった。

そもそも中日の場合はGMの責任というものをどのように考えていた

のでしょうか?成績の低迷はもちろんGMが獲得した選手がどれだけ

戦力になるのかも責任の1つとなるのですが、少なくとも落合GM時

代に獲得した選手が一軍で活躍したケースは少なかったです。おそ

らく戦力となったのは又吉克樹、祖父江大輔両投手ぐらいでしょうか。

 

谷繁前監督は落合GMとの関係について「ほとんど、あの人と口をき

いたことがなかった」振り返っていました。それに加えマスコミと

の接触もあまりなくそのあたりのやりとりのなさも球団からの評価

を落としていたのでしょう。

 

アメリカの場合はGMは言えない事に関しては「それは言えない」と

応対するのですが、落合GMの場合はその応対すらなかったのですか

ら、マスコミから批判されるのも仕方ない側面はあるでしょう。思え

ば落合GMは監督時代から選手のケガなどの情報は一切出さず「沈黙」

を続けてきた人ですからGMでも同じことをしたという事になります。

 

以前広岡達朗氏は

「落合も、現場の監督も責任に関しては同類。チームを強くする

ためにはフロントとコーチの役割が大きく、広島の成功を見れば

明らかだが、フロントが、外国人、ドラフト、そして補強で戦力

を整え、コーチが根気強く若手を育てなければならない。広島と

比べてみると中日の問題点はよくわかる」

以上。THE PAGEソース。

 

コーチと言えば谷繁前監督とコーチとの衝突もありました。スマホ

ゲームや遅刻、居眠りをするコーチがいたとして、さらには当初谷

繁前監督が望んだ佐伯コーチの入閣を落合GMに拒否され、谷繁前

監督が白井オーナーに直談判する事で入閣が実現したという事もあ

りました。

 

結局のところ落合GMの問題点としては

1、落合と現場との意思疎通の欠如。

2、落合の意向で獲得した選手が一軍で活躍できなかった。

3、マスコミとの関係を築けず結果的にしわよせが現場にきた。

4、結果中部電力、トヨタ自動車、東邦ガスなど地元企業の大きな反発を招いた。

5、加藤秀司など落合GMの息がかかったコーチと監督との軋轢。

 

これらの要素が落合GMの退任に繋がったのです。結局これらは中

日がGMというものをどのように考えているのかがあいまいな状態

でGM制を敷いた事が原因となっています。

 

本来はメジャーにならったGM制を勉強するかもしくは中日が考える

GM制を考えた上で、責任の所在をはっきりさせるべきだったのです

が、そういった形跡はなく落合GMの退任理由も「任期をまっとうし

た」という変な理由となっていました。

 

しかしながらそれとは別に、脅迫状については問題でしょう。もし

森監督になんらかの問題があった場合また脅迫状が届くのでしょうか?

広告

 - 野球 , , ,