PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

坂本・長野・内海ら28名が暴力団元組長と接点か?元巨人橋本氏も?

      2016/08/12

Pocket

週刊文春は巨人の坂本勇人、長野久義、内海哲也他8球団28名が暴力

団元組長と接点を持っていたと報じています。

その後の記事についてはこちらを参照。

NPBからA氏に宛てた「通知書」が発端?

週刊文春の取材により明らかになったもので、2016年6月下旬、NPBは

各球団に向けて赤い文字で「緊急」との文字でA氏の顔写真入りの “手配

書”を配布したうえでし、注意喚起を促してます。その中から今回A氏と

の接点があったとされる選手が浮かび上がってきました。

 

このA氏とは元組長とされる人物で、このA氏と関わったとされているプ

ロ野球選手は8球団28名(OBも含む)にも及び、とりわけ巨人出身の選

手が多いとされています。

 

そして現役の巨人の選手として名前が挙がったのが、坂本勇人、長野久義、

内海哲也の主力選手で、A氏とと何度か食事をしていた事が週刊文春の取材

で明らかになっているのです。

 

この週刊文春の取材に長野久義は「球団を通してください」として取材を

拒否、同じく坂本勇人も「球団を通して」としてコメントしていません。

おそらくはすでにこの件に関しては、球団側からの何らかの指導が行き渡っ

ているのは確実で、今後は定型的な記者会見などが行われるのかもしれませ

ん。元組長のA氏は

「何人かの選手と付き合いがあったことは事実ですが、彼らは僕の過去

を知りません。現役の頃も辞めてからも野球賭博に関わったことは一度

もありません」

以上。週刊文集webソース。

 

として、A氏は身分を隠したうえでさらに野球賭博への行為も否定しています。

広告

12球団の選手会が元巨人の橋本清氏との接触の禁止を選手に通達。

今回の件と関係があるかはわかりませんが、2016年7月23日にはプロ野

球12球団の選手会が、評論家の元巨人投手の橋本清氏(47)と選手と

の交際を禁止する申し合わせをしていた事がわかっています。理由はNP

Bが徹底マークしているとされる元暴力団員との交際疑惑が原因とされて

います。この元暴力団員が上のA氏と同一人物かは不明です。

 

しかしながら週刊文春の記事では「2016年6月下旬にA氏の顔写真入りの

“手配書”を配布した」としているのですが、

在京球団フロント関係者は「6月末にNPBからある元暴力団員の手配

書が回ってきて、顔写真や氏名などが詳しく書かれてあった。球場にも

頻繁に出入りしている。橋本さんに関して公式なものはないが、今回の

選手会の動きもこれとセットの話だろう」と認識する。

以上。夕刊フジソース。

 

と2つの記事を見る限り時期が一致しており、とすると橋本清氏に対する通達

の原因となった元暴力団員と週刊文春での記事に出てくるA氏はやはり同一人

物・・・・という推理も成り立ってきます。

 

ちなみに夕刊フジの取材に橋本清氏は、

「前の事務所の紹介で2、3度会ったが、芸能関係の人と聞かされていた。

反社と知っていたら付き合わないし、そういう話を聞いてから2010年1

2月ごろを最後に連絡も取っていない。選手を紹介もしていないし、自分を

反社と同じように見られるのは不本意だ」

以上。夕刊フジソース。

 

として自身への通達に納得していない様子でした。プロ野球界と反社会的人物と

の繋がりはまだまだ根深いものがあるのかもしれません。

広告

 - 芸能, 野球 , , , , ,