PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

元暴力団組長と接触は8球団30人。巨人は脅迫被害で警察に相談。

      2016/08/13

Pocket

日本野球機構(NPB)は元暴力団員との交際について、対象の人物

の聞き取り調査の結果と巨人が元暴力団員からの脅迫で警察に相談

していた事について記者会見しました。

以前の記事についてはこちらを参照。

広告

巨人は脅迫で警察に相談していた。

週刊文春が報じた元暴力団関係者(日本野球機構(NPB)は6月16

日付で球場への出入りを禁止を通達している)と巨人の主力選手と

の間の交際について巨人は8月12に日、警察に相談したことを明ら

かにしています。

 

球団発表では、元暴力団の組長から相談を受けたという関係者から

8月11日に巨人の元球団職員の携帯電話に電話があり、

「元組長は(NPBから一方的に)手紙を送り付けられて、頭にき

ている」「元組長は『巨人の選手と一緒に撮った写真もあるし、

メールのやりとりも残してある。みんな1軍の選手ばかり数十人』

と言っている」

以上。時事通信ソース。

 

「元組長の親分筋は人殺しも平気でやる怖い人。事を荒立てないで解

決できないか」

以上。読売新聞ソース。

 

そして今回の脅迫についてNPBの井原敦事務局長は

「巨人に対する相手の行為は脅迫、強要のおそれがあると認識してい

る。こうした要求は受け付けないという意思を示すためにも、内容を

公表したほうがいいと巨人もNPBも判断した」

以上。NHKソース。

 

として巨人で今後、警視庁やNPB指示に従い対応するとしています。

 

結局のところ巨人は「元組長は自らの属性を隠し、芸能事務所の関

係者と称して選手らに接近した」と説明しており、NPBも野球協約

には抵触しないと判断したようです。

 

前の原監督の時もそうでしたが、他球団も絡んでいる出来事とはいえ

なんとも詰めが甘いといいますか、反社会的な人物への対応がうまく

いっていないようです。メディアを扱う会社の子会社である巨人がこ

のような状況では本体の読売も大丈夫なのかと不安を感じざるを得ません。

広告

元組長と接触は8球団30人と発表。

NPBの井原敦事務局長は8月12日に上の巨人の内容について記者会見し、

元組長と食事などの接触があった人物は、巨人を含めて8球団・約30人

(OB選手含む)だったと明らかにしました。その上で、全員がその人

物は元暴力団員との認識が無かったとのことで野球協約には抵触しない

と判断しています。

広告

 - 事件, 野球 , ,