PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

野原善正氏が現役創価学会員ながられいわ新選組から出馬。経歴は。

   

Pocket
LINEで送る

現役の創価学会がれいわ新選組から出馬するという驚きの報道がありま

した。過去にこのような事はあったのでしょうか?

 

野原善正氏を擁立。

れいわ新選組はあらたな候補者として、公明党の支持母体・創価学会

員の野原善正氏(59)を参院選で擁立するとしています。元創価学会

員ではなく、現役の会員の他党からの出馬は創価学会ならびに公明党

にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

広告

野原善正氏は

「自民党の歯止め役になるはずの公明党が一緒になって暴走してい

る。公明党沖縄県本部は辺野古新基地に反対にもかかわらず、容認

する候補を支援して矛盾している」と指摘。「このままだと憲法9

条改正が実現してしまう。公明党、創価学会が加担したというのは

未来永劫(えいごう)悔やまれる」

以上。朝日新聞ソース。

 

公明党が「自民党の歯止め役」だったというのが驚きなのですが、要

は公明党と創価学会との考えの違いが要因という事になるのでしょう

か。さらには自民党との連立に関して「権力のうまみにどっぷりと漬

かった」「民衆救済の精神をすっかり忘れ去ってしまった」ともして

おり、現役の学会員の反乱となりました。

 

近年創価学会と公明党との距離感は以前より指摘されており、立候補

先が野原善正氏が選挙区からなのか比例区からなのかはわかりません

が、どちらにしてもこの人物の立候補により学会票がどれだけ流れる

のかは興味があるところです。

 

創価学会幹部は野原善正氏の立候補について「影響は全くない」と話

していますが・・・。

広告

野原善正氏はどのような人物か。

野原善正氏は1960年1月16日生まれで24歳で創価学会に入り、以降

は他の創価学会と同様に熱心に活動してきたそうですが、転機となっ

たのは2014年7月に集団的自衛権の行使を認める閣議決定に公明党が

容認した事で、この件で野原善正氏はおかしと感じ公明党の支持をや

めたとしています。以降も創価学会員の集まりでは公明党への異議を

唱え、創価学会にも抗議をしたものの相手にされなかったとしていま

す。

 

野原善正氏は「創価学会で村八分に遭っている」「信仰がおかしくな

っている」「学会員の80%は公明党を妄信している」と今の現状を批

判しています。

 

あの沖縄知事選選挙でも、創価学会トップの指示に造反してまであの

三色旗を持って玉城デニー氏の応援に来ていた野原善正氏は、

「沖縄県本部は『辺野古新基地反対』と言いながら新基地容認の

佐喜眞淳候補を推薦するのは考えられないですよ。『二枚舌』と

いうか『中央と地方が捩れている』というか全然整合性がないの

です」

以上。AREA.dotソース。

 

と本部と地元とのねじれを批判していました。

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治