PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ワンセグ裁判はNHK受信料支払い対象外の判決。NHKは控訴。

      2016/09/14

Pocket

ワンセグなどのテレビチューナーがNHK受信料支払いの対象になるか

どうかの裁判で、NHKの受信料支払いの対象にならないとの初判断を

下しました。

 

「NHKから国民を守る党」朝霞市議の大橋昌信氏が提訴。

8月26日、さいたま地裁で、携帯電話にワンセグなどのテレビチューナー

が付いていた場合、 NHK との放送契約を交わす義務はないという判決が

下されました。

広告

今回の「ワンセグ裁判」ですが朝霞市議の大橋昌信氏は、放送法第六十四条

にある「受信することのできる受信設備」の解釈を巡って提訴していま

した。放送法第六十四条(旧三二条)とは、

[第1項](実際には1項という表記はないがこの場では、わかりやすく

「1項」と表示しています)

 

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会と

その放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送

の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を

送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないもの

をいう。第126条第1項において同じ。) 若しくは多重放送に限り受

信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限り

でない。

以上。NHKのスクランブル化を実現させよう放送法64条と受信規約

サイトより。

 

これはNHKの契約書に記載されている内容なんですが、「受信する

ことのできる受信設備」とこの条文の途中にある「放送の受信を目

的としない受信設備又はラジオ放送」と言う部分で争った結果大橋

昌信氏の勝訴、NHKの敗訴となったのです。

 

NHKと大橋昌信氏両者の主張は?

NHKの主張は受信設備の設置に関して

「『設置』とは受信設備を使用できる状態に置くことを意味し、一

定の場所に設け置かれているか否かで区別すべきではない」と広義

の「設置」にあたると主張した。

以上。朝日新聞ソース。

 

それに対し大橋昌信氏の主張は

スマホのワンセグは「設置」ではなく「携帯」であり、たとえ「設置」

に当たるとしても、スマホのワンセグは受信料の支払いが免除される

「放送の受信を目的としない受信設備」だと主張しました。

 

大野裁判長は判決で、

「放送法64条1項の『設置』が『携帯』を含むとするNHKの主

張には相当の無理があると言わざるを得ない」

以上。朝日新聞ソース。

 

として契約義務はないとする大橋昌信氏の主張を認めたのです。

 

今回の判決についてNHKでは、

「判決は放送法64条の受信設備の設置についての解釈を誤っ

たものと理解しており、ただちに控訴します」

以上。NHKソース。

 

として控訴する事にしています。一方の大橋昌信氏は

「NHKには契約者への返金を含めた真摯(しんし)な対応を

してほしい」

以上。朝日新聞ソース。

 

とコメントしました。しかしこの裁判は最高裁まで行く可能性が

高いように思われます。これまでのNHK受信料を巡る裁判がそう

であったように、この裁判も長いものになると思われます。

広告

大橋昌信氏はどのような人物か?

大橋昌信氏は1967年8月15日生まれで大阪府泉大津市の出身。

1986年にNHKに入局し、2005年4月に週刊誌でNHKの不正経

理を内部告発しています。2005年7月にNHKを退職後フリージ

ャーナリストとして活動し、2015年4月に船橋市議会議員選挙

に初当選しています。

広告

 - 便利 , , ,