PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

NHKの受信料への相次ぐ裁判。将来的には義務化か?

      2016/09/14

Pocket

NHKは兵庫県に住む4世帯に対し、テレビ受信機を設置しな

がらNHK受信料を払わなかったとして、受信料不払い分約4

3万円の支払いを求める訴えを神戸簡裁に起こしました。

NHKによると県内で一般家庭に対しての受信料支払いの訴訟

は初めてという事ですが、各地域で受信料支払いの訴訟を起

こしているイメージで、NHK受信料を良い気持ちで払ってい

る人はどれほどいるのでしょうか?

 

NHK受信料の現状

NHKのHPでは、NHKの受信料収入は6493億円となっており、事業収

入の94.5%が受信料と発表しています。

広告

現在NHKの受信料は地上波のみの「地上契約」と、衛星放送を含む「衛

星契約」の2つに分かれていて、月払いの場合地上契約1260円、衛星契

約2230円となっているのですが、2015年10月1日にNHKの籾井勝人会

長は、欧米諸国の公共放送と比べると、日本のNHKの受信料は安いとの

発言があったのですが、果たして本当なのでしょうか?

ドイツ=2万9127円(215・76ユーロ)▽英国=2万34

25円(145・5ポンド)▽フランス=1万7955円(133

ユーロ)▽イタリア=1万5322円(113・5ユーロ)-。い

ずれも2014年1月時点、

以上。産経新聞ソース。

これは欧州主要国に関する受信料に相当する公共放送の基本の年額を出

したもので、NHKの場合は地上契約が1万3990円でこれは前払いになる

ので割引されるのですが、番組内容や為替レートにも依存するので、NH

Kの受信料が海外と比べて安いかどうかが意見が分かれる所ですが、「

明らかに安い」とは言い難いと思います。

 

上にも書きましたが、NHKは事業収入の94.5%が受信料でほとんど受

信料で運営されているといっていい状態です。これは海外では有り得な

いそうで、海外では公共放送でも政府交付金や広告収入が主だからです。

 

NHK幹部に言わせると、

「海外でNHKの受信料制度を説明すると、大抵、驚かれる。政府

交付金を受け取らず、不払いの罰則もない。視聴者の理解と善意だ

けで成り立っている、奇跡に近い制度」

以上。産経新聞ソース。

だそうですが、もし日本でNHKが広告収入を始めると考えると・・・

・やはり大きな反発を招くのはほぼ確実でしょう。

ただ日本国民が今のNHKの受信料に批判的なのは、ただ単に払いたく

ないとか高いとかの金銭的な話ではなく、NHKの報道姿勢や受信料に

関して訴訟を乱発するかのような行動が問題ではないかと感じます。

他にも3500億円で神宮前に新社屋を建設しようとしていた事などが話

題となりましたが、そういったNHKの問題点がある限り、なかなか受

信料への不信感は消えないでしょう。

広告

都道府県別受信料支払い状況

都道府県支払い率支払い対象数(万世帯)支払数(万件)
北海道65.9%212140
青森89.9%4440
岩手91.0%4339
宮城81.7%8066
秋田97.0%3432
山形91.4%3532
福島85.1%6454
茨城82.6%9881
栃木85.1%6757
群馬84.4%6757
埼玉77.3%264204
干葉76.1%230175
東京64.2563362
神奈川73.7%361266
新潟92.7%7670
富山90.1%3531
石川84.1%4134
福井88.8%2421
山梨81.6%3024
長野86.3%7565
岐阜88.0%6658
靜岡85.1%130111
愛知77.9%275214
三重81.7%6352
滋賀77.4%4837
京都69.4%9868
大阪59.0%334199
兵庫71.0%199142
奈良76.2%4736
和歌山82.0%3327
鳥取91.5%1917
島根94.2%2322
岡山82.0%6755
広島85.0%8989
山口89.2%5247
徳島79.9%2520
香川81.8%3528
愛媛81.7%5142
高知76.8%2721
福岡72.4%187135
佐賀82.5%2622
長崎83.1%4840
熊本79.6%6048
大分75.1%4131
宮崎80.1%3830
鹿児島84.5%6051
沖縄46.8%4722
全国75.6%

NHK資料より。

2014年末でNHK受信料支払い率は75.6となっており、中には

90%を超えている県がある一方で沖縄県のように50%を切って

いるところもあります。もし支払い率に限界が来れば義務化も

考えられるかもしれません。

公平性は理解はできますが、メディア特有のずれた感覚をなんと

かしてほしいものです。

広告

 - 便利