PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

中川俊直氏,前川恵氏に中傷メールを?今現在政治活動再開中。

   

Pocket

自民党の中川俊直氏が政治活動を再開していたとしているのですが、

再開から次の選挙まではかなり大変かもしれません。西日本豪雨の

被災地を積極的に訪れているとしていますが・・・。

 

中川秀直前議員が政治活動を再開していた。

自民党の中川俊直氏が政治活動を再開していたようですが、その道の

りはさらに厳しいものとなるやもしれません。中川秀直氏は安倍首相

とのパイプをアピールしているとの話が出ており、次の総選挙に出馬

する意欲を見せているとしています。

広告

「会場には50人から60人ぐらいがいたはずです。中川さんは、いず

れ選挙に出たいということでしょう。もちろん、資金集めパーティー

の一種だと誰もが理解していたと思います。(中略)ただ、いきなり

講演が始まったことには引っかかりを覚えました。自身のスキャンダ

ルで17年に議員辞職したわけでしょう。ならば、最初は本人が登場し、

お詫びから始めるのが筋だと思いますけどね」

以上。デイリー新潮ソース。

 

このセミナー形式で行われたようですが、2018年6月27日午前8時に千

代田区平河町のシティホテルの宴会場としており、会費は2万円だった

としています。その中で中川秀直氏は2017年の総選挙の際に、安倍首

相から激励の電話があったという趣旨の話をしており、安倍首相との

パイプを示す事で次の選挙に出ようという流れなのでしょう。

 

9月に行われる自民党総裁選で今のところ安倍3選の可能性が高いとされ

ている中、安倍氏側につこうという政治的な駆け引きもあるようなので

すが・・・。

広告

前議員に大量の中傷メールを送る?

しかしながら中川秀直氏の今後の政治活動は厳しいものになるかもしれま

せん。中川秀直氏は同僚だった前川恵前衆議院議員(42)に対して、「死

ね」「バカ野郎」「くたばれ」などのメールを現在も大量に送り続けてい

る疑惑が出ているのです。

 

「実は、前川先生は2年8カ月以上にわたって中川先生から酷いメー

ルをほぼ毎日のように送りつけられているんです。日に200通を超え

る日も多く、昼夜問わず届いている状態」(中略)関連イベントに農

林部会会長であった小泉進次郎議員と一緒に参加した際には、こんな

メールが届いた。〈進次郎、進次郎、進次郎、進次郎……。くたばれ。

進次郎狂いのきちがい。死ね。お前も進次郎も何のために政治家にな

ったんだろう?〉(2016年10月2日)

以上。週刊文春ソース。

 

小泉進次郎氏への恨みともとれるメールの内容ですが、進次郎狂いとは

何を指しているのでしょうか?政治活動を再開した矢先に週刊文春の報

道で大きくつまずいてしまった中川秀直氏ですが、今は前川恵とは全然

連絡を取ってないとし疑惑を否定し、FAXでは事実はありませんとして

内容を否定しています。

広告

 - 事件, 政治 , ,