PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

宮沢りえが離婚後、親権を得て以降旦那の家族に娘を合わせず。

      2016/09/12

Pocket

元夫である中津ひろゆき氏と2012年に離婚した宮沢りえですが、夫

家族が離婚後に子供と4年間一度も会っていない事を夫の母親が話し

ています。

 

夫や義理の母に子供を合わせようとしない宮沢りえ。

元プロサーファーで実業家の人物と結婚し、2012年に離婚した宮沢りえ

ですが、離婚後宮沢りえは夫の家族に子供を合わせていないそうです。

宮沢りえの元義理の母・・・元夫の母親になるのですが、鼻に酸素を取り

入れるチューブをつけた状態で取材に応じていました。それによると、20

12年の離婚以降、4年間一度も孫の顔は見ていないというのです。

「もう4年近く会っていません。小学校に入ったことは知っているけれど、

写真が送られてくるわけでもないので…。3才までのかわいい姿を見させ

てもらったから、いい思い出をもらったなってプラスに考えるようにして

いるの」(義母)

以上。NEWポストセブンソース。

 

宮沢りえの生き方や考え方を尊重するとしつつも息子が子供に会えない現状

を考えた場合にやはり気の毒な気持ちになるようです。宮沢りえの離婚は長

引いてたようで、その理由の1つに親権の問題があったようです。

 

親権と言えば、千葉家裁にて両親が双方の親権を求め争う裁判の中で、親が片

方の親にどの期間会わせるかの提案を求め、父親の提案が「年100日程度の

母娘の面会」、母親の提案が「父娘の面会を月1回程度」との双方の主張を比

較した結果、父親に親権を渡すのが合理的だとして母親に対し、長女を父親へ

引き渡すよう命じる判決がありました。これは従来の、「母親優先の原則」の

覆す判決として話題になりました。

 

では、親権の問題として宮沢りえの元夫は「面会交流」は認められているはずなので、

子供に会う事はできるはずなのですが・・・離婚問題に詳しい長瀬佑志弁護士は、

「親権を持たない親が子供に会う機会は基本的に面会交流として認められていま

す。ただし、“面会が子供の健全な成長を妨げる可能性がある”と裁判所に判断さ

れると拒否されることがあります。例えば、虐待をしていた場合や、子供が“望ん

でいない”場合です。

面会交流の可否や方法は当事者同士で話し合われますが、まとまらないことや、

約束が反故にされることは少なくありません。その場合、裁判所に面会交流の調

停を申し立て、可否や方法を検討してもらうことになります」

以上。NEWポストセブンソース。

 

として、宮沢りえが現状の状態を続けている場合は調停という方法もあるとしています。

ただし、調停という手段を使わないといけない状況にまでなっている宮沢りえにやはり

問題があるという事なのでしょうか?

広告

新たな恋愛話が出てきている宮沢りえ。

そんな中、日刊大衆は宮沢りえの新たな恋愛を報じています。2014年に俳優・小久

保寿人を、自宅に泊めたところを週刊誌にネタにされていましたが他にも

「宮沢が夜な夜な酔っ払った勢いで、劇作家の赤堀雅秋を筆頭に、俳優の古田新

太、ダンディな年上会社経営者などに、しきりに電話をかけているそうです」

以上。日刊大衆。

 

などとして、今回も週刊誌の話題となっています。家族の問題は第3者ではわから

ないところもあるのですが、もう少し子供の生活の方にも目を向けて欲しいところ

です。

広告

 

 - 便利, 芸能