PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

宮内雄大容疑者パトカーから逃走後未だ捕まらず。樋田淳也は逮捕されるも・・。

      2018/11/15

Pocket

大阪府富田林署から逃亡をしていた樋田淳也容疑者がついに逮捕された

のですが、未だにつかまらない逃走犯もいます。

 

大阪から西に逃亡していた樋田淳也容疑者。

樋田淳也容疑者が1か月半近くの逃亡の末にようやく山口県で逮捕され

ました。山口県という事で大阪府よりも西側だったのですが、樋田淳也

容疑者はどこに逃げたと推測されていたのでしょうか?

広告

最初に指摘されていたのが西成区のあいりん地区でかつてはあの市橋達

也受刑者が井上という偽名を名乗っていた事があり、西成で紹介された

住み込みの寮に身を潜めていた時期がありました。しかも土地柄の影響

からか反権力的な側面もある事から、警察にあまり協力しない人も多い

とされており、潜伏先として候補に挙がっていました。

 

次に候補とされていたのが新宿二丁目で、警察は樋田淳也容疑者が女装

して逃走を続けている恐れがあるとして、可能性を指摘しそれらの写真

も公開していました。

 

容疑者逃走後に土地勘があるとされる場所で見つかった証拠品の中に穿

き捨てられたストッキングがあったというのも1つの根拠となっている

のですが、新宿二丁目がゲイの町として知られているから女装した事が

ある樋田淳也容疑者がそこにいるというのはやや強引な解釈だったかも

しれません。新宿二丁目説は市橋達也受刑者も逃亡中に噂されていまし

たが、どうも逃走には市橋達也受刑者と同じ逃走思考を思い巡らす人が

多かったようです。

広告

5年以上逃亡を続けている逃走者が。

さらには上には上がいて警察からの逃走という意味では5年以上も逃走

を続けている強者?がいます。

 

その人物は長野県出身の宮内雄大(37歳)という人物で、容疑は2013年

2月23日午前4時頃に山梨市内の民家に無断で侵入し、民家の住人の50代

男性の顔を殴り現金を盗み住居侵入容疑で現行犯逮捕されました。

 

宮内雄大容疑者はパトカーの後部座席に署員2人に両脇を挟まれる形で乗

せられていたものの、山梨県日下部署に到着し車を降りた直後に突然走り

出し日下部署のフェンスを乗り越え、果樹園のある方向に逃げ出したので

す。警察は宮内雄大容疑者に手錠を掛けてはおらず、降車時に体をつかむ

などの措置をしていませんでした。

 

山梨県警は緊急配備を敷き宮内雄大容疑者を指名手配しました。翌日24

日には長野県駒ヶ根市のコンビニ店に立ち寄っていたことが分り、宮内

雄大容疑者らしき男が2月24日午後9時頃にコンビニ店内を歩く様子が

防犯カメラに映っています。山梨県警は男を連行した男性警察官を戒告

処分とし、パトカーに同乗していた他2人の署員は、所属長訓戒と本部

長注意の処分が下されています。

 

そして今現在も逃走を続けており検挙には至っていません。罪の大きさ

から考えた場合、5年もに逃げる事に時間的なメリットがあるのかどう

かはわかりません。ただ今はほとんど宮内雄大容疑者の話はほとんど報

道されない上に目撃情報も警察署に来ているのかどうかが分かりません

ので、生きているのかどうかすらわかりません。樋田淳也容疑者の時も

言われていましたが、お金が無くなれば犯罪をするか隠れて住み込みで

働くしか方法がないのですが・・・。

 

警察庁の話し手として逮捕後の逃走で。指名手配されているのは宮内

雄大容疑者のみだとしています。その事もあり山梨県警OB有志が最大

で100万円もの懸賞金を創設したのです。事件解決に結びつく有力な

情報の提供者を求める目的で、これは樋田淳也容疑者の逮捕がきっか

けになっているとしています。

 

県警OBの話として

「富田林署のニュースを見て、山梨の事件と似ていると思った。歯

がゆい記憶がよみがえった」と述懐。報道で、逃走事件を解決する

ために府警OB有志が懸賞金を創設したことを知ったといい「県警

OBとしてできることはないかと考えた。(周囲には)事件に関わ

った元捜査員もいる。何としても捜し出したい」

以上。毎日新聞ソース。

 

と話しているのですが、5年も経っている事件で懸賞金ができたとし

ても情報が集まったりするものなのでしょうか?

広告

 - 事件