PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

民進党参議院を軸に立憲民主党と組み民進党復活?希望の党と合流せず。

   

Pocket

取り残された形となっている民進党参議院議員ですが、小川敏夫参院議員

会長は希望の党との合流を否定しており、衆議院選挙後に何らかの混乱が

起きると予想されています。

 

民進党参議院は希望の党に合流せず。

民進党の残った状態となっている参議院議員ですが、民進党の小川敏夫参

院議員会長は参議院議員の多くは衆院選後に希望の党に合流にはしないと

の見通しを語りました。仮に参議院議員1人1人に意思を確認したのだとす

れば、希望の党にとってはかなりの痛手となるやもしれません。

広告

民進党は9月28日の両院議員総会で希望との合流を決定した。これに関

し、小川氏は「衆院選の戦い方を決めただけだ。民進党をどうするかは、

何も議論していない」と強調した。

 さらに希望の党で民進党の政策を実現するのは難しくなっていると説

明。「参院議員の過半の人が希望に行かない意思表明をしている。議論

すれば希望に合流する機関決定は出ない」と明言した。前原氏に関して

は「希望の党に行く人だ。民進党を管理するのはおかしい」と突き放し

た。

以上。日本経済新聞ソース。

 

現地点では民進党代表となっている前原誠司氏に対して「民進党を管理す

るのはおかしい」というのはおかしな話なのですが、別の話として民進党

の議員が希望の党にいかないというのであればそれはそれで尊重しないと

いけない話となってきます。

 

こういう混乱とも取れる状況が起きている理由としては希望の党の低迷が

あるやもしれません。メディアの序盤の世論調査では希望の党が伸び悩ん

でいる事もあり政策面以前の問題として混乱があるようです。

 

それを知ってか枝野幸男氏は民進党参議院議員とは今後も連携していくの

は間違いないとして、希望の党との勢いの差が今後ますます出てきそうな

流れとなっています。

広告

民進党は選挙後も存続し、立憲民主党と最終的な合流が?

民進党は今後どうなってしまうのか?現在も民進党の議員で代表の前原誠

司氏ですが、選挙後の民進党両院総会で前原誠司氏を解任する案が出てい

るとしており、希望の党の候補が衆議院選挙後に民進党にに戻るという選

択肢も考えられるようです。

小川氏が民進党の参院議員に聞き取り調査をしたところ、過半数が希望

の党への合流を望まなかったことも明らかにした。

 小川氏は「これまでの民進党のように(左右)両ウイングが結集すべ

きだ」と強調した。党内には、衆院選後ただちに両院議員総会の招集を

求め、前原氏が代表を辞職しない場合、解任決議案を提出する動きがあ

るという。

以上。産経新聞ソース。

 

との事ですが、民進党の小川敏夫参院議員会長は、衆議院選挙後に立憲民

主党や無所属も含めて民進党を軸とした再結集を図る考えを示しており、

民進党分裂→立憲民主党→民進党という流れが起きるかもしれません。と

なるとその前に前原誠司氏が民進党代表解任という事になるのでしょうが

・・・。

 

ただ枝野幸男氏は民進党への復帰や合流に関しては「選挙が終わったら『

元さや』に戻るという話ではない」として今のところは否定しています。

広告

 - 政治 , , ,