PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

民進党と希望の党は合流か連携か?離党者全員を新党に?支持率は?

   

Pocket

ここに来て政局が大きく揺れ動くことになるかもしれません。民進党と

希望の党が当初の連携から合流へと話が進んでいるようなのです。

 

民進党と希望の党の合流はあるのか?

報道では連携や合流という言葉が飛び交っており、かなりややこしい流

れとなっているのですが、一番の関心事は両党が合流・・・つまり1つ

の党になるのかというところに尽きるでしょう。

広告

この合流話・・・どこから出てきてどの党から言い出してきたのかが不

明なのですが、

小池代表と民進党の前原代表が26日夜、極秘に会談し、両党が合流

する可能性について協議していたことが明らかになった。関係者によ

ると合流する場合は小池代表が党のトップに就任する方向だという。

以上。NNNソース。

 

この地点では合流の可能性となっており、仮に合流したらどうなるのか

程度の話とも聞き取れるのですがその後

総選挙で与党に対抗して政権交代を目指すため、民進党と希望の党が

合流する方向となった。民進党の前原代表と希望の党の小池代表は2

6日夜、極秘に会談し両党が合流する可能性について協議した。その

結果、両党は事実上、合流する方向で最終調整に入った。関係者によ

ると、小池代表が党のトップに就任する方向だという。またその場合、

小池代表が都知事を辞任して自ら衆議院選挙に出馬するとの見方が出

ている。

以上。NNNソース。

 

と小池百合子都知事が辞任するまでに話が広がってしまっているのです。週

刊誌の報道ならまだしもテレビのニュースで扱うぐらいなのですから実現す

るかどうかはともかく、「見方」としてという注釈で報じているもののかな

り具体性はあるのでしょう。

広告

前原誠司氏は民進党を割る覚悟か?

この報道をどう受け取るかは人それぞれなんでしょうが、可能性として前原誠

司氏は民進党を割る覚悟なのかもしれません。

 

希望の党の若狭勝衆議院議員は、少なくとも今のままの状態では民進党は連携

できないとしており、小池百合子都知事も2つの党との合流には否定的な考え

を持っているとしています。

民進党の前原代表が、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都

の小池知事が代表を務める新党から立候補させ、事実上、合流したいという

意向を示していることがわかりました。(中略)こうした中、前原氏は27

日午後、党所属の複数の議員と会談しました。関係者によりますと、この中

で、前原氏は、衆議院選挙の候補者について、希望者は全員、東京都の小池

知事が代表を務める新党から立候補させ、事実上、合流したいという意向を

示したということです。

以上。NHKソース。

 

民進党希望者全員を希望の党に入党させたい・・・という事は、これはどう考

えても民進党を割ろうとする動きに他なりません。そして前原誠司氏が以前よ

り主張していた共産党との連携も見直すとした一連の動きとも一致します。も

っと言えば共産党との連携つぶしとも捉える事ができます。

 

あと可能性と報じられているのは衆議院選挙での比例について、同じ政治団体

として戦う「統一名簿」を作る方向で調整を進めている事も明らかとなってい

ます。衆議院選挙を間近に控えているという事もあり、いろいろな可能性が急

ピッチで実現する可能性があり、とても有権者にはついていけない話でありま

す。

 

ちなみに毎日新聞の調査では希望の党に投票したいとした人は男性で17%・女

性で19%・全体では18%となっています。自民党は男性で32%・女性で25%・

全体では29%、民進党は男性で8%・女性で7%・全体では8%となっています。

調査は固定電話で18歳以上の有権者のいる925世帯から538人から回答を得て

おり、回答率は58%となっています。携帯電話ではは18歳以上につながった

番号891件から560人から回答を得たとしています。回答率は63%となってい

ます。

 

小池百合子都知事は

「民進党側から、いろいろと呼びかけはあったと聞いているが、そもそ

も『党としてうんぬん』は、こちらは、全く考えていない。どういうふ

うな対応をとられるかは、先方が考えることだ」

以上。NHKソース。

 

として今のところは民進党との合流話を完全否定をしています。

広告

 

 - 政治 , , , ,