PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

蓮舫氏が任期中に辞任。次の民進党代表選は前原氏と枝野氏が出馬か。

   

Pocket

民進党の蓮舫氏が代表を辞任することとなりました。与党批判の受け皿

とならなかった事や野田佳彦幹事長辞任などが影響したようです。

 

蓮舫氏が民進党代表を辞任。

2016年9月に民進党代表となった蓮舫氏でしたが、1年持たずして辞任

という結果になりました。野田佳彦幹事長が辞任したことで、後ろ盾を

失ったことも影響したかもしれません。

広告

蓮舫代表は会見で、辞任を決めたのは「きのう」と明かし、党内をま

とめきれなかったことを辞任の理由にあげた。

 蓮舫代表「きのう1日、人事に向けてゆっくりと考えました」「そ

の時やっぱり考えたのが、人事ではなくて私自身をもう一度見つめ直

さなければいけない。足りないところ、なぜ遠心力を生んでしまった

のか」

以上。日テレNEWSソース。

 

として人事の影響があったことを認め昨日辞任を決めたことを明かしま

した。就任当初より問題となっていた二重国籍が辞任の理由になったこ

とは否定しましたが、結果として国民に納得した説明ができたとはいえ

ない状況で、その事で党内から不満が出ていたこともありました。

 

蓮舫氏は

「安倍晋三政権を攻め続けて苦しい立場に追い込んでも、私たちが『

受け皿』にならなければ与野党への政治不信が広がり、国民にとって

不幸なことになる」

以上。産経新聞ソース。

 

と語っており、与党支持率低下による国民の受け皿として民進党が役割

を果たせなかった事も認めており、今後も民進党は苦しい道のりが続く

ものと思われます。

広告

後任には前原誠司氏か枝野幸男氏か?

では次の民進党代表は誰になるのでしょうか?現在のところ前原誠司氏

と枝野幸男氏が有力視されていて、前原誠司氏は2016年9月の民進党代

表選挙に出馬しましたが、蓮舫氏に大差で敗れています。一方の枝野幸

男氏は過去に代表選に出たことがありません。

 

民進党の代表選挙は票数ではなくポイント制で決める仕組みとなっており、

国会議員、国政選挙の党公認予定候補者、党所属の地方自治体議員、党員・

サポーター票の4種類の票によるポイントで決められます。

 

国会議員票は1票で2ポイント、国政選挙の党公認予定候補者が1票で1ポ

イント、党所属の地方自治体議員の票は集まった票を比例代表制で行われ

ているドント方式でポイント換算したうえで配分し、党員・サポーター票

は各代表候補者の得票数に応じて各都道府県に配分されたポイントをドン

ト方式によって配分される仕組みとなっています。

 

党所属の地方自治体議員、党員・サポーター票の総ポイントに関してはそ

の当時の情勢により総ポイント数は異なります。

 

現地点で前原誠司氏は出馬に意欲を見せていて、「前回(代表選に)出た

思いは変わっていない」として、枝野幸男氏に関しては枝野氏周辺が本人

が出馬に意欲を示していると話しています。

広告

 - 政治 , , ,