PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

ミハエル・シューマッハ,今現在も容態が回復せずスペインで療養か?

      2018/08/17

Pocket

スイスの別荘で病気療養中のミハエル・シューマッハですが、今後スペイ

ンに移住するようです。

 

ミハエル・シューマッハはやはり容態が改善していないのか?

ミハエル・シューマッハがスイスの別荘からアメリカのテキサス州ダラスに

ある脳損傷専門クリニックへ転院の可能性が伝えられています。スキーでの

事故以降意識を取り戻したものの以降は家族の意向もありミハエルの容態は

謎に包まれています。ちなみにダラスにはミハエルがオーナーとなっ

ている牧場もあるというのですが・・・。

広告

ダラスでは、マーク・ミークスという脳損傷の専門医がクリニックを開設

しており、ミハエル・シューマッハは“新たな希望”を見い出しているとい

う。マーク・ミークスは「外傷患者の経験は豊富です。ヨーロッパには我

々ほど多くの症例を扱っているクリニックはないでしょう」と述べている。

報道が事実であれば、残念ながら、ミハエル・シューマッハの容体は改善

していない可能性が高いが、その一方で希望は残されていることになる。

以上。F1Gateソース。

 

おそらくは小康状態なのでしょうが、3年以上たった状態で果たして改善が

ない中アメリカに行って症状が改善するという事はあるのでしょうか?も

ちろん可能性は0ではないのでしょうが、どうしても回復の可能性に関して

は悲観的な見方をしてしまいます。

広告

ダラスに移住というのがなんともリアルな報道ではあるのですが、これまで

本人のコメントはなくベルギーGPでハミルトンがミハエルのポールポジショ

ン記録に並んだ時も「家族からの手紙」を紹介しても「本人のコメント」が

なかったのです。これはミハエル本人が家族とコミュニケーションをとる事

が出来ないほどの容態なのではと推測してしまうのですが、仮にアメリカに

行った場合は少しでも回復をしてほしいと願うのみです。

 

ただこれまでミハエルが脳を損傷して以降に見舞った人物からはほとんど

前向きなコメントはなくどちらかと言えば悲観的なコメントが多い状態で、

一部はミハエルのマネジャーが明確に否定したものもあるのですが、それ

でも現在のところはいい話が聞こえてくることはありません。

 

ドイツの『Bravo(ブラボー)』誌によれば、ミハエルの容態が改善して

いないと報じており、その上でのアメリカ行きと報じているのですが移送

となるとかなり目立つし大規模となるでしょうから、その上でアメリカ行

きを決めたのだとしたら難しい決断だったと想像できます。

 

シューマッハはいまのところ自宅に隣接する小さな建物の中で療養してい

るとしており、建物は病院に近い機能を持つ施設となっているとしていま

す。カメラマンの話として、シューマッハに関するものなのか建物の関す

るものなのかはわかりませんが、何らかの写真を撮ったとしておりそれを

記事にするつもりはないとしています。

 

スペインのマヨルカ島に移住報道も現地は否定。

スイス紙によると、シューマッハ氏夫人のコリーナ氏が3000万ユーロ

(約37億8000万円)で高級住宅を購入したとしています。この邸宅は

レアル・マドリードフロレンティーノ・ペレス会長が過去に所有して

いたものとしており、床面積は3000平方メートル、敷地面積は15000

平方メートルの広さで、パパラッチ対策もできているという。家族とと

もに過ごす予定移り住む予定と報じられています。

 

しかし、シューマッハのマネジメントチームがこの報道を否定してお

り市長も「シューマッハの家族が移住するを決めた場合、準備をする

」とのみ答えただけとしています。あくまでもシューマッハの妻コリ

ーナ氏がフロレンティーノ・ペレスの邸宅を購入したというだけで、

そこにシューマッハ家族全員が住む予定はないとしています。

広告

 - F1 ,