PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

マクドナルド低迷の原点として「手提げ袋撤廃」が店舗閉鎖を招いた?

      2016/09/14

Pocket

マクドナルドの低迷が報道されてからずいぶんと経ちますが、今回

マクドナルドの低迷の理由にあらたな説が出てきました。それは、

「手提げ袋を廃止したから」

という説です。

マクドナルドに関してはいろいろなものを廃止したり、値段がコロコロ

変わったりしていますので、そういう可能性もあるのでしょうが、手提

げ袋が本当にマクドナルド低迷の一因になったのでしょうか?

マクドナルドの手提げ袋とはどんなものだったか?

では、マクドナルドの手提げ袋の内容について書きたいと思います。

マクドナルドの手提げ袋は2008年に廃止されたとありますが、どのような

理由で廃止されたのでしょうか?

広告

理由は「京都議定書」にありました。

京都議定書とは地球温暖化の原因とされているCO2,メタンなどを1990年を

基準として世界共同で削減目標が定められたものです。

当時日本のCO2等の削減の目標達成計画には、6%の削減目標が定められてい

ました。ちなみにアメリカは7%、カナダは6%削減が求められていましたが

両国は京都議定書から離脱しています。

日本マクドナルドはこのプロジェクトである「チーム・マイナス6%」に参加

していてその一環として2008年12月1日から「レジ袋」を全廃することを発表

しました。

mcdonalds-fukuro当時のレジ袋の例。

・・・ただ、ここで書いた内容は「レジ袋」であり「手提げ袋」とは違うの

では?

と思われるのですが、厳密にいえば2008年12月1日以降も「手提げ袋」自体

はあったそうです。

 

ただ、手提げ袋を使用する基準が厳しくなったようで、ドリンク1点だけ購入

した場合は包装せずにそのまま渡して、さらにレジ袋で渡していたセット商

品は、1点の場合が紙袋2個のみになり、紙袋の袋が3つ以上必要となった場合

のみ紙製の手提げ袋に入れるという方式にしたのでした。

 

環境が理由というのは理解できるのですが、結果的には客の利便性を失わせる

結果となってしまったのです。

広告

手提げ袋縮小は売上低迷につながったのか?

では、レジ袋の廃止や手提げ袋の縮小は日本マクドナルドの売り上げ廃止に

繋がったのでしょうか?

mcdonalds-salesこれは前CEO原田泳幸氏が就任してから2011年までの日本マクドナルド

の売り上げ高と利益です。2012年以降の低迷についてはみまさまがご存じ

のところですので、レジ袋を廃止して以降の2009年を見ていきますと・・・

売上は2008年に比べると減少していますが、営業利益は2009年以降も右肩上

がりになっています。

 

ここで考えられるのは・・・

日本マクドナルドは2007年から2013年末までの累計で1400店以上の直営店を

FCオーナーに売却していて2009年以降の利益が上がっているのはその影響か?

つまり・・・売上に関係ない直営店の売却行為が利益を上昇に導いたのであって

売上視点で見た場合はやはり売り上げ自体が下がっているので、レジ袋廃止の効

果は他のサービス廃止(店頭メニューの廃止等)などの相乗効果として悪い意味

で出てしまった・・・・、とまあ考えてみました。

 

結局のところ、マクドナルドの低迷の原因は1つや2つでは語る事が出来ないとい

う事なのでしょう。

広告

 - 便利 , , , ,