PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

松井一郎氏が日本維新の会代表続投。丸山穂高氏の離党届はいまだ受理されず。

   

Pocket
LINEで送る

衆議院選挙で議席を減らしたことで、代表選の可能性もあった日本維新の会

ですが、臨時党大会で松井一郎氏が代表に再任され代表選はなくなりました。

 

松井一郎氏が代表続投もいくつかの不満が・・・。

日本維新の会は結局松井一郎氏が代表を続投する事になりました。よくを言

えば強力なリーダーシップであったり大阪維新の会創設者としての貢献・活

動が認められたという事になるのですが、一方では先の衆議院選挙で議席を

減らした流れからいくつかの不満もでています。

広告

一部からは党代表選を求める声も上がりましたが松井一郎氏続投の意見が多

く、馬場伸幸幹事長ら役員も全員再任となっています。

党の規約で、国政選挙の後に臨時の党大会を開くことが決められている

日本維新の会。先月の衆院選で議席が14から11に減ったことから、

代表選挙を求める声が党の内部からも上がっていました。25日の党大

会には国会議員などからなる特別党員らおよそ300人が集まり、党執

行部は「代表戦をせず、松井代表の続投」を提案し、賛成多数で決まり

ました。

以上。TBSソース。

 

その上で議員の中には東京と大阪でだけ希望の党と候補者をすみ分けたに

関しての不満の声も出ていたそうで、これに関しては棲み分けをしなけれ

ば希望の党から大阪の選挙区に候補者を出されるので、1人しか当選しな

い小選挙区制では票の食い合いで当選がかなり難しくので仕方がなかった

のかもしれませんが、急な解散で議員への説明がうまくいかなかったのか

もしれません。

 

大阪維新の会の議員からは党勢拡大のため政党交付金の配分を見直しと

ほしいとしており、地方に手厚くしてほしいという意見も出されている

のですが、これは丸山穂高氏が離党する(受理はされていない)要因に

なった事の1つともされており、国政政党から出るお金を地方の議員に

回してほしいという意味で、国の政治改革のために国政政党に分配され

るお金をなぜ地方に渡さなければいけないのか・・・、不思議な要望と

言えます。

広告

丸山穂高氏は結局離党したのか?

丸山穂高氏が離党届を提出してから1か月が経とうとしているのですが、

いまだに日本維新の会は離党届を受理していません。一連の橋下徹氏の

ツイートにより離党届を出すことになった丸山穂高氏はその後橋下徹氏

と話し合いわだかまりを解決したようですが、一方では丸山穂高氏周辺

は離党届を取り下げる事はないとしており、何らかの駆け引きのような

事が行われているようですが、離党届提出からの流れから解決までここ

まで時間がかかっているというのは一体何を意味しているのでしょうか?

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治, 関西政治 , , ,