PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

舛添都知事は辞任か議会解散か?今度は刑事事件級のスキャンダルが?

      2016/09/12

Pocket

6月15日にもすべての会派が不信任決議案を提出する方針で、閉

会日の6月15日午後の本会議で審議され採決される見通しで、そ

うなれば舛添要一都知事は辞職か議会を解散するかを選択する事

になります。

 

刑事事件級のスキャンダルが待ち受けている?舛添都知事。

須田慎一郎氏が言及していた事で、海外からの金銭スキャンダルが

「刑事事件になりかねない」との内容の話が舛添都知事辞任ととも

にじわじわと注目を集めてきています。

 

これは「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ系)での発言で

首都圏では放送されていないものの、この発言はかなり注目されて

いて須田慎一郎氏に話を聞くと、

「まさに取材が進められている案件で、現段階で詳細を申し上

げることはできない」としながらも、「ある媒体が取材チーム

を組織して綿密に調査を進めていると聞いている。明らかにな

れば舛添氏がさらに窮地に陥るのは間違いないだろう」

以上。夕刊フジソース。

 

もしこれが本当だとしたら、舛添都知事にとってやめるやめないで

ゴタゴタしている場合ではないのですが、本人はリオオリンピック

まではやめないとしており、事態は泥沼化していっています。

広告

議会解散をちらつかせる舛添都知事。

連日辞任を求められている舛添都知事ですが、再三の辞任要求に

もノーを突きつけており、与党を含めた都議会8会派は不信任決

議案を出す方向になりました。

 

そして不信任案が可決した場合には、議会を解散させる事をチラ

つかせ辞任を巡る駆け引きが激しくなっています。不信任案が可

決された場合は知事辞職か議会解散があるのですが、舛添都知事

は不信任案の可決後、10日以内に辞職、もしくは都議会解散の選

択を迫られ、解散しない場合は自動的に失職する事となります。

地方自治法によると、不信任案は本会議で都議の3分の2以上

が出席し、4分の3以上が賛成すれば可決される。知事は10

日以内に辞職か、議会解散の選択を 迫られる。解散しない場合、

知事は自動的に失職。解散した場合は、改選後の都議会で過半数

が賛成して不信任案が可決されれば、失職が決まる。

以上。サンケイスポーツソース。

 

としており、このままいけば不信任案が可決されるのですが、舛添要

一都知事はリオオリンピックを理由に不審決議案提出の猶予を求め、

応じられない場合は議会解散に持ち込むのではとされていますが、議

会解散の可能性はあるのでしょうか?

「もはや早期辞任の流れは止まらないでしょう。舛添さんはきのう2

つミスを犯した。一般論であれ、議会の解散に触れたこと。議会か

らすれば恫喝になります。もう一つ、リオ五輪が終わってからにし

てと、地位に連綿としている印象を与えたことです。選挙は混乱を

収拾させるための民主的手続きで、政策が問題ではないのに議会を

解散すれば、歴史に残る暴挙になります」

以上。j-castソース。

 

として龍崎孝(流通経済大教授)氏は語っており、いくらなんでも議会解

散はないだろうとの見方ですが、もし議会解散となった場合に海外からの

資金疑惑の問題が出てくる可能性がありますので、海外からの金銭スキャ

ンダルが本当にあってまずいのならやはり舛添要一都知事は辞任という事になるのですが・・・。

広告

 - 政治, 芸能 , ,