PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

丸山穂高氏いまだ日本維新の会を離党できず。ブログでも言及なし。

   

Pocket

日本維新の会に離党届を提出したにも関わらず、いまだに受理されてい

ない状況に置かれている丸山穂高氏ですが解決策は今の所なさそうです。

 

丸山穂高氏の離党届は未だに受理されず。

丸山穂高氏が日本維新の会に離党届を提出してから1ヶ月が経とうとして

いるのですが、いまだに受理されていません。なぜ離党届が受理されない

のかはいまだに謎なのですがとにかく受理がされていないのです。

広告

日本維新の会ではどうやら意見が割れているようで、「早く離党を認めた

方がいい」と「引き留めるべきだ」として党内の意見が真っ二つの状態だ

としています。

 

丸山穂高氏が離党に至った理由は橋下徹氏が「地方議員を1人も増やした

ことがない」「金で公認を得ている」とツイッターに投稿した事が理由と

しており10月30日に丸山穂高氏は離党届を提出しています。

 

その後丸山穂高氏と橋下徹氏は和解したとしているのですが、丸山穂高氏

は和解を否定しています。橋下徹氏自身はインターネット番組で和解とも

取れる発言をしているのですが、

橋下氏は29日現在、丸山氏を批判したツイッターの記述を削除してお

らず、「和解」にも言及していない。橋下氏のツイッターには204万

人のフォロワー(閲覧者)がおり、影響力は大きい。

 丸山氏は読売新聞の取材に、橋下氏と電話で話したことは認めたが、

「和解」は否定している。「『お騒がせしてすいません』と言っただけ。

正式な謝罪もないのに、和解したとは思わない」とし、離党の考えにも

変わりないとした。

以上。読売新聞ソース。

 

として和解を否定ています。そうなると松井一郎氏が話していた和解とは

何だったのでしょうか・・・。

広告

離党届を突き返したという・・・。

日本維新の会としては離党届は受理していないどころは突き返したとして

います。馬場信幸幹事長は丸山穂高衆院議員離党届について

「一部、誤解がある。私のところに離党届を持ってきましたが、私は預

かっていません。突き返しました。本人から離党する理由は聞きました

が、とても離党する理由には値しないと本人には説明した。本人は離党

届を(維新の)本部に届けたので『預かっている』という表現もある」

と話した。現在も丸山氏の離党届は受理されていないとした。

以上。日刊スポーツソース。

 

この突き返すというのはどういう意味なのでしょうか?議員本人が党を離

党したいとしているのにその届を受け取らないというのがよくわからない

ですし、「離党する理由には値しない」という理由で離党届を突き返すと

いう行動は不可解としかいいようがありません。説得する範囲で離党届を

預かるというならまだ話はわかるのですが、離党届を受けとりもしないと

いうのは何とも・・・。

 

さらに馬場信幸幹事長は

馬場氏は「(丸山氏とは)継続的にいろいろな話をしています。若いの

で、バーンと火がつくのも速い。いまは反省も兼ねてクールダウンして

きているところもある。早急に結論を出すことでもない。引き続き、話

し合いたい」とした。

以上。日刊スポーツソース。

 

とも話しており問題は継続中との見解を示しているのですが、丸山穂高氏

は離党届を取り下げる気はないようで、このまま時間だけが過ぎていく流

れとなっていきそうです。

広告

 - 政治, 関西政治 , , ,