PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

漫画塔が漫画村の代わり・後継として登場か。閉鎖はあるのか?

   

Pocket

以前に世間を騒がせた「漫画村」ですが、今度はそれと似たようなサイ

ト「漫画塔」なるものが登場しています。

 

漫画村の後継サイト?が登場。

以前漫画村という違法サイトが話題となり、一時メディアが取り上げて

いた時期がありましたが、2018年4月からサイトが閉鎖されており漫画

村はなくなっているのですが、今度は「漫画村」に酷似した「漫画塔」

と呼ばれるサイトが登場しているようです。urlは「mangatawa」と

なっています。

広告

どうやら漫画村とあまり変わらないサイトのようで、漫画塔は漫画村

の画面のデザイン等がかなり似通っているとしています。「ONE PIE

CE」などの漫画もアップロードされているとして過去の漫画村を意識

したといいますか、漫画村を前提とした作りになっているようです。

漫画・雑誌が140冊、雑誌が40冊、漫画本が16000冊ほどが存在して

いて、前の漫画村と同じ人物によるサイトかどうかはわかりません。

漫画塔のサイトであるが、なぜか「漫画村」になっている

 

漫画塔のドメイン取得が2018年9月9日だそうで漫画村閉鎖から5か月

ほどが経過しており開設は10月4日です。ただこのサイトはかなり危険

なサイトの可能性も考えられ以前の漫画村ではPCのCPU使用率が上がる

などの傾向があり、仮に漫画村と運営者が同じ場合は個人情報が抜き取

られるリスクもあるようなので、漫画塔のサイトを見つけてもむやみに

アクセスしないほうがいいかもしれません。漫画塔はマルウェア「ps.e

yeota.net」が存在する事が確認されているそうで、何らかの問題が生

じないようにウィルス対策が必要となります。

広告

ではこの漫画塔も閉鎖されてしまうのでしょうか?おそらくは閉鎖の

道を辿るのかもしれませんが、仮にそうなったとして次の漫画村や

漫画塔が登場してくるのは目に見えています。現状漫画塔があるわけ

なので。

 

ではNTT等のプロバイダはブロッキングしてしまうのでしょうか?

ブロッキングに関しては憲法第21条にある「通信の秘密」を(憲法

第21条第2項、電気通信事業法第4条第1項)侵害して違法だとして、

弁護士がNTTコミュニケーションズを相手取り、ブロッキングの差

し止めを求める訴訟を東京地裁に起こしています。他にもいくつか

の団体がやはり「通信の秘密」を理由にブロッキングに対する抗議

を行っており、ブロッキングは簡単にはいかないかもしれません。

広告

 - 便利