PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

堀北真希が事務所独立?背景には櫻井翔との破局や山本耕史の影響が

      2016/09/12

Pocket

堀北真希が、所属事務所からの独立に向かっているのではないか

という見方があるようです。

中学生でデビューした堀北真希は今や所属事務所の看板女優とな

っていてもし独立となれば、事務所はかなりの痛手になるのでし

ょうが、今は堀北真希と事務所社長との間には堀北側の弁護士を

仲介しないと話ができない状態とされており、事態は泥沼化の様

相を見せています。

 

過去に独立でもめた芸能人は?

芸能人の独立問題はとにかくトラブルがつきもので、ご存じの通

りSMAPに関しては、独立騒動のみならずジャニーズ、もっと言え

ば芸能界の闇を視聴者にさらけ出す結果となりました。

そこで、過去に独立騒動があった芸能人を挙げてみたいと思いま

す。

 

森進一は去年まで紅白の常連で、おふくろさん騒動で一時期話題

になりましたが、1979年までは渡辺プロダクションに所属してい

ましたが、その後独立しましたが、一時期仕事が来なくなりました。

事務所の圧力があったのかは明確なところは不明ですが、森進一に

は当時いい曲を提供しようと支える気持ちを持っている人いなかっ

たようです。

スタッフ受けや金銭のシビアさが原因となっていたのですが、その

後「新宿・みなと町」がヒットし、事務所独立の軌道にのったよう

です。

 

ジャニーズ関連でいえば田原俊彦でしょうか?今でこそ地道な活動で、

2015年は、シングルが4作連続で30位以内に入るという往年の勢い?

を見せつつあるのですが、田原俊彦の場合は、事務所独立が長い間干

された状態でした。

当時、歌手だけでなく役者としての一面を持っていた田原俊彦は役者

をメインに活動したいと事務所に要求し、事務所側は前向きに考えて

いたのですが、独立を支援する側から「それは奇弁。ジャニーズにい

るかぎり自由はない」とそそのかされ?独立の方向へと向かいました。

 

田原俊彦といえば「ビッグ」発言が干された原因とよく言われていますが、

これについては賛否があり、ビッグ発言でマスコミから反発され事務所同

様に相手にされなくなったという見方もあれば、もともと田原俊彦はビッ

グという言葉を使っていたが、あの娘が誕生した報告の会見部分のみが強

調されてしまいジャニーズをそれを利用され干されたなど見方が分かれて

いるようです。

広告

堀北真希の独立の原因は社長との不和と夫の影響?

では、今回の堀北真希の独立騒動の原因はなんなのでしょうか?

原因としては、堀北真希と事務所スウィートパワー社長との不和が指摘

されています。

堀北真希は過去に櫻井翔と交際していた時期があり、結婚を意識していた

ようですが社長が猛反対し破局した事から、堀北真希と事務所社長との関

係が悪化したようです。

スウィートパワーは元々は、堀北真希と黒木メイサの2枚看板でしたが、

黒木メイサが元KAT-TUNの赤西仁と結婚により、スウィートパワーは黒木

を失い堀北真希に負担がのしかかるようになりました。

そんな時期に櫻井翔と熱愛があったのですが、黒木の件もあり事務所は猛

反対したそうです。交際を反対された上に黒木がいなくなった分の負担を

半ば押し付けられる形となった堀北真希は事務所社長に徐々に不信感を感

じるようになりました。

現在の所、社長が堀北真希と話をしたいときは、弁護士を通してでしか会話

ができないようです。

それに加え、夫の山本耕史の影響もあるようです。

山本耕史は、実母が社長を務める個人事務所で活動している事もあり、堀北

真希から見た場合、自由にできるとのイメージをもっているとしてこの事も

堀北真希が事務所独立に傾いている要因ともなっています。

「中学生でデビューしてからこれまで、事務所の都合でがんじがらめにされ、

仕事漬けにされてきた堀北さんは、山本さんののびのびとした働き方に刺激

を受けたようです」

以上。ビジネスジャーナルソース。

果たして、独立となった場合に事務所を円満退社となるのでしょうか?

広告

 - 芸能 , , , ,