PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

千葉ロッテマリーンズが身売りか?選手・監督・応援する人はどうする?

      2016/09/15

Pocket

これまで幾度となく報道されてきたロッテグループにおけるお家

そうですが、ここに来て新たな展開を見せるかもしれません。千

葉ロッテマリーンズが身売りするのではとの見方が広がっている

のです。

 

財閥解体を目指している韓国検察。

ここ1、2年程ずっとニュースとなってきたロッテ創業家のお家騒

動ですが、とうとう千葉ロッテマリーンズが身売りという所にま

で話が進んできているようです。

広告

というのも、韓国検察がロッテ財閥解体に着手したとしており、

その影響で千葉ロッテマリーンズの重光武雄(辛格浩)オーナー

も「球団の身売りは避けられない」と判断したとしているのです。

「日本では、長男、次男、長女による武雄氏の跡目をめぐる

お家騒動のように報じられているが、韓国検察が目指すのは

財閥解体です。そして武雄氏が、日本 のロッテHDの持ち株

を3人に贈った際の贈与税の問題もあります。こうした捜査

を終えた後、武雄氏の取り調べに入り、韓国第5位の巨大財閥

ロッテ解体に取り掛かることになる」(財界誌記者)

以上。

 

韓国ロッテグループの裏金捻出疑惑などをソウル地検が捜査し

ているとされており、武雄氏の長女(兄弟2人の異母姉)の辛英

子容疑者が韓国検察に逮捕されています。容疑内容は、ロッテ

免税店への出店への見返りとして、約3億円の裏金を受け取っ

たというものです。さらに重光武雄氏の長男で日本のロッテ

ホールディングス前副会長の重光宏之氏(辛東主)が横領な

どの容疑で事情聴取されており、近々次男でグループ会長の

重光昭夫氏(辛東彬)も事情聴取を受けるのではとされています。

広告

千葉ロッテマリーンズは身売りか?

そんな中もし財閥解体となった場合は日本の球団である千葉ロッテ

マリーンズが身売りするのではとしています。過去にあのオリック

スと近鉄の合併問題の際に2004年7月2日スポーツニッポンが、千

葉ロッテマリーンズとヤクルトスワローズが合併交渉を行っている

という報道がされた事があり、他にもダイエー(現ソフトバンクホ

ークス)との合併話もあり、その時以来の千葉ロッテマリーンズ存

続の危機となるかもしれません。

 

日本におけるロッテグループの利益率は高いのですが、千葉ロッテ

マリーンズが赤字状態に陥っており、年間20億円超の赤字分が宣伝

費として補てんされているとしています。

 

重光武雄(辛格浩)オーナーは千葉ロッテマリーンズに関しては「

日本での成功者の証」だとして球団売却には決して応じませんでし

たが、重光武雄(辛格浩)氏が経営から外れるという事で本格的に

身売りが検討されるだろうと見ています。

「千葉ロッテがカープのような市民球団として生き残るのか、球

団参入に意欲を持つ『LIXIL』などが買収するかはともかく、ロ

ッテが球団経営から撤退するのは確実の状況になっている」(ロ

ッテ担当記者)

以上。週刊実話ソース。

 

千葉ロッテは伊東監督に来シーズンの続投を要請しており、伊東監

督は「前向きに検討したい」と意欲を見せていますが、もし球団が

身売りするような事になれば監督人事等が混乱する可能性もあります。

広告

 - 野球 ,