PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

レイミン・ラモスを巨人が獲得。マイナー、メジャーでの投手成績は

   

Pocket

巨人が新外国人としてドミニカ共和国出身のレイミン・ラモス投手(2

2)を獲得すること分かりました。すでに条件は合意に達していると

して育成選手として契約するとしています。

 

救援投手のラモスも、15年から今季までレイズ傘下マイナーに所

属。17年には傘下1Aで28登板で4勝2敗6セーブ、防御率2

・61をマーク。185センチ、86キロの体格から繰り出す15

0キロ超の動くクセ球で、打たせて取ることもできる。

以上。スポーツ報知ソース。

 

と紹介されています。

 

レイミン・ラモスはどのような投手か?

レイミン・ラモス(Reimin Ramos)は1996年4月27日生まれのドミ

ニカ出身で右投右打ドラフトにはかかっていません。

 

身長は185cmで体重が86kgです。

広告

レイミン・ラモスのマイナー・メジャーリーグ時代の成績は?

マイナー成績

レベル試合イニング防御率奪三振率与四球率
Rk(2年)296265 2/32.067.952.74
A(1年)284258 2/32.617.523.84
A+(1年)80213 2/39.224.613.95
計4年65106138   3.007.433.33

 

レイミン・ラモスは2015年に19歳でキャリアを開始しています。こ

れまで通算65試合での登板はすべて中継ぎでの起用となっています。

奪三振や与えた四球の数は平均的で被安打もそれほど多くはないので、

日本の環境に慣れれば比較的早い段階での1軍入りも見えてくるかも

しれません。

 

ただ2018年のみで成績を見ると奪三振率が4.61で被安打も9イニング

あたりで14.49本と13 2/3と少ないイニングながらかなり数値が悪化

しているのがやや気がかりな所であります。

 

守備は138 1/3イニングでエラーが1つとなっています。

 - 野球 , , , , ,