PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

河本準一,現在も母の生活保護問題をひきずる。レギュラー0の危機。

      2016/10/14

Pocket

生活保護受給問題で非難を浴びた河本準一ですが、いまだにその余波

は続いているようで、今後河本準一が以前のような活躍をするのは難

しいとの見方がされています。

 

いまだに厳しい河本準一を取り巻く環境。

一連の生活保護をめぐる問題で釈明会見をした河本準一ですが、あの

騒動から4年経った今でもあの時の「痕跡」が残っているようです。

広告

テレビ関係者は河本準一について、

「今も河本を番組に起用すると、視聴者からクレームの電話が入る。

自宅不倫騒動を起こした元モーニング娘。の矢口真里とベッキーも

同様。この3人の名前を番組のキャスティング会議で出すと、プロデ

ューサーから鼻で笑われます」

以上。日刊サイゾーソース。

 

矢口真里に関しては全盛期の7割ほどの仕事量が戻ったとしているので、

鼻で笑われるところまではいかないとは思うのですが、河本準一とベッ

キーに関しては今もクレームが来る状態なのでしょう。河本準一本人も

「正式なのは、もうほとんどありません」としており、理由については

「自分が聞きたいです!」と困惑しているようです。

 

しかし本人の考えとは裏腹に世間での評価はかなり悪いようで

実の息子に数千万円の稼ぎがある場合、管轄する自治体は親族に生活

費の工面をお願いするケースがある。河本はそれを拒否したため「週

刊誌にリークされた。態度も悪かったようで『タダでもらえるもんは

もらっとき』と母親に伝えていたことまでバラされた」(マスコミ関

係者)

以上。日刊サイゾーソース。

 

さらに過去のツイッターでの

Twitterの意味自体を把握してない人は今後一切見なくていいなぁ。

その生き生きとしたパワーをもっと他の事で使えばいいのになぁ。

じゅんを。人の嫌な事を生きがいにしてる人達がどうか無くなりま

すようになぁ

以上。河本準一ツイッターより。

広告

この書き込みも火に油を注ぐ結果となり、今でも視聴者からの反発が強

いようです。テレビ関係者は

「もうイメージ払拭は無理かもしれない。人気の吉本芸人のバーター

出演が関の山。今後も苦境は続く」

以上。日刊サイゾーソース。

 

として悲観的な見方をされています。この母親の需給騒動はそもそも

河本準一が当時かなりのギャラをもらっていながら母親が生活保護を

受けていた事が批判の的となっています。

「河本が稼いでいるのに母親が生活保護を不正受給していたことで

叩かれましたが、実は彼の母親は、身体的な問題で、満足に働くこ

とができないのです。生活保護の受給資格はある。身分や暮らしぶ

りをごまかして、不正受給していたわけではない」

以上。日刊サイゾーソース。

 

と吉本関係者の話ですが、つまりは河本準一のギャラと受給は別問題と

言いたいのでしょうが、親子関係はさまざまで両者の仲が悪くお互いに

接触がないというのならこの論理も理解できても、河本親子に関しては

仲がいいのは周知であるにもかかわらず受給を続け、それに加え上記の

『タダでもらえるもんはもらっとき』が世間の反発を呼んだのでしょう。

 

河本準一は以前舛添氏の問題で「1つのミス」と擁護したとも取れるツイ

ートをし(本人は擁護ではないと否定)非難されましたが、両者の「違法

ではない」と「不正受給はない」は何か共通するものがあると感じてしまいます。

広告

 - 芸能