PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

小西禎一氏が大阪府知事選挙出馬元副知事。経歴・学歴・大学は。

      2019/03/22

Pocket

自民党大阪府連は大阪府知事選挙に元大阪府副知事の小西禎一氏を

擁立することに決定しました。

 

元副知事を擁立へ。

自民府連幹部は元大阪府副知事の小西禎一氏(64)の擁立を決めたよ

うです。後に正式に立候補表明する見通しです。

広告

小西禎一氏は2008年に橋下徹氏府知事に就任した時に財政再建のプロ

ジェクトチームの総括を担当した他、松井一郎府知事の時にも副知事に

就任し、大阪都構想の事務局となる大都市局なども担当していました。

 

小西禎一氏が2015年に副知事を辞任した際には

松井一郎知事は「財政再建のリーダーとして黒字転換させた立役者」

とねぎらった。これに対し、小西氏は「議会や市町村などと議論を

重ね、大阪の総意を結集していただきたい」と2期目を迎える松井

氏に期待を込めた。その後、記者団の取材に応じた小西氏は、就任

当時の知事だった橋下徹大阪市長の印象について「物事を決めると

相当頑固でてこずった」と振り返った。

以上。朝日新聞ソース。

 

と橋下徹氏と松井一郎氏に仕えていた時代を語っています。これほど

の人物が今度は自民党から出馬するという事になったのですが、かつ

て橋下徹氏と松井一郎氏の近くにいた人物という事もあり、有権者に

とってはかなりややこしさを感じてしまうのですが、小西禎一氏はこ

のあたりをどのように説明するのでしょうか?

 

もっとも大阪都構想に関しては反発しており、それでも「意見の違い

ははっきり言うが、府の方針に従うのは当然」あくまで知事の手足

として動くことに徹していました。

広告

松井一郎氏とは対立する場面も。

副知事という事で松井一郎氏が知事だった際にも近くにいたのですが、

それでも政策によっては対立する場面もあったようです。2015年に副

知事を辞任した際には理由として「一身上の都合」として任期途中で

辞職しており、

維新が提案した職員基本条例案を「違法」と指摘したり、大幅カ

ットされた職員給与を引き上げるべきだと議会で答弁したりする

など、松井氏らに苦言を呈する場面もあった。

以上。朝日新聞ソース。

 

と意見が食い違う事もあったようです。そういう流れが重なっての

辞任なのかどうかはわかりませんが、一身上の都合というのはあま

り辞任の理由を言いたくない時に使う言葉であり、何らかの知事に

対する不満があったのではないかと思われます。もちろん家庭の事

情という事も考えられます。ただ周辺に「知事との行政に対する意

見の違いが広がり、副知事の職責を果たせなくなった」と話しても

いました。

 

小西禎一氏は立候補表明について

「知事、市長という公職を手段に選挙を実施するのは納得がいか

ない」と述べ、松井一郎知事と吉村洋文大阪市長が辞職し、立場

を入れ替えて立候補することを批判した。

以上。共同通信ソース。

 

としていて出馬理由を述べていますが、果たして選挙そのものへの批

判は有権者へ届くのでしょうか?しかしながら逆風は強いと言わざる

を得ないようで、JX通信社が3月9と10日に電話番号に架電するRDD

方式で調査したところ、支持政党1位が大阪維新の会で実に37.9%に

上っていて、次に自民党が13.8%、共産党が6.5%、公明党が6.3%、

立憲民主党が5%、国民民主党が1%と状況はかなり厳しくなっていま

す。

 

小西禎一氏は1980年3月、東京大学法学部卒業し、4月に大阪府に入庁

しています。2016年から社会福祉法人大阪府社会福祉協議会の会長と

なっています。

広告

 - 政治, 高校野球