PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

新潟県知事選挙2018,野党は菊田真紀子氏擁立か?過去金子恵美氏との争いも。

      2018/04/29

Pocket

6月に行われる新潟知事選挙に関して、与野党が候補者の絞り込みを行っ

ていますが、野党側は国会議員から擁立したい意向のようです。

 

野党は菊田真紀子議員を擁立か?

6月に行われる新潟知事選挙ですが、なかなか野党候補が出てこない中で

現在無所属で活動している菊田真紀子議員を候補の1人として考えている

事を野党側が明らかにしています。

広告

立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の野党6党が野党統一候補とし

て考えているようですが、

東京電力柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な立場であることなどを条件に、

一致して応援できる候補者の人選を進めていた。衆院当選6回で知名

度が高いことなどを踏まえ、菊田氏に非公式に出馬を打診した。野党

関係者によると、菊田氏は回答を保留しているという。

以上。産経新聞ソース。

 

これまで野党の複数の政党が国会議員からの擁立も検討していて、複

数の議員に打診しているとの事でしたが、ここに来て菊田真紀子議員

の名前が登場する流れとなりました。

 

今の所出馬について回答をしていないというのですが、4月23日の

地点では「新潟の新しいリーダーを支える会」が知事選への出馬を

打診した際には、菊田氏は「国政に専念したい」とし辞退しており、

これが回答保留に変わったという事は何らかの心境の変化があった

のかもしれませんが、議員を捨ててまで新潟知事選挙に出るのはリ

スクが高いとも言え、簡単に決断はできないでしょう。

広告

菊田真紀子議員はどのような人物か?

菊田真紀子議員は1969年10月24日生まれの群馬県藤岡市に生まれ、加

茂市で生活をしています。1995年に最年少の25歳で加茂市議会議員選

挙に当選し、2期途中まで務め、2000年に自由党より出馬するもののこ

の時は落選しています。

 

2003年11月に第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で出馬し初当選し、

以降2009年まで3回連続で当選したものの、2012年は自民党の金子恵美

氏に敗れ比例復活での当選となっています。特に注目されたのが2017年

に行われた第48回衆議院議員総選挙で2012年以降は金子恵美氏との女性

対決を演じており、2012年と2014年2回の衆議院選挙は金子恵美氏が制

してきましたが、2017年は金子恵美氏と自民党県連との関係悪化もあり

ついに菊田真紀子議員が当選したのです。この選挙では金子恵美氏SNS

の投稿内容が両者の火花をさらに散らせる選挙戦となりました。

 

新潟県知事選挙では原発の存在が争点となるようですが、菊田真紀子議

員は2012年の時点では原子力規制委員会の新基準を満たした上での原

発再稼働に賛成していたとしていますが、2014年以降は原発への賛否

を明らかにしていないとしており。今回仮に新潟知事選挙に出馬となっ

た場合どのようなスタンスを説明するのかが注目されます。

広告

 - 政治 , , ,