PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

希望の党合流NGリスト。リベラル排除に連合が反発。前原氏は困惑。

   

Pocket

希望の党が民進党議員選別へ本格的に動き始めています。すでに排除の

リストも出回っており、各議員の行き先が絞り込まれてきそうです。

 

希望の党の「受け入れNGリスト」が出回り始める。

希望の党に合流可か不可かのリストが出回っているとしています。小池

百合子都知事は民進党丸ごとの合流を拒否しており、すでに選別が始ま

っているのですが、議員によっては選別の前に弾かれる人も一定数存在

します。

広告

30人近くの名前が書かれたリストの内容は、

菅直人元首相(70)、野田佳彦元首相(60)、枝野幸男代表代行

(53)、長妻昭元厚労相(57)、赤松広隆元衆院副議長(69)、

辻元清美幹事長代行(57)らが入っているのと同時に岡田克也元代

表(64)、海江田万里元経産相(68)、安住淳元財務相(55)

らの名前もあった。「いずれも民主党政権で代表や大臣、幹部経験

者で、安全保障や憲法観で一致したとしても負のイメージを新党に

入れ込んでしまうので、厳しく“排除の論理”であたるでしょう」

以上。東スポソース。

 

排除リストにあるのは前職12人と元職3人の計15人だそうで、

菅直人(東京18区)・野田佳彦(千葉4区)・岡田克也(三重3区)

・赤松広隆(愛知5区)・手塚仁雄(東京5区・)櫛渕万里(東京23

区)・安住淳(宮城5区)・近藤昭一(愛知3区)・辻元清美(大阪1

0区)・阿部知子(神奈川12区)・篠原孝(長野1区)・初鹿明博(

東京16区)・海江田万里(東京1区)・長妻昭(東京7区)・枝野幸

男(埼玉5区)となっています。

 

としており他に長妻昭氏や社民党出身の阿部知子氏らは、希望の党に

エントリーしたとしていますすが一方で阿部知子氏は「イデオロギー

で選別するなら希望の党には参加しない」とも語っています。

 

支持母体となるであろう連合はこのやり方に反発していて

連合の神津里季生会長は30日、希望の党代表の小池百合子東京都

知事による民進党出身者の選別方針に関し「おかしい。できるだ

けみんなが行くことが一番望ましい」と述べた。

以上。時事通信ソース。

 

と批判するなど民進党・連合・希望の党でかなりの混乱があるようで

すが、すでにリストが存在するという事はこの流れは止められないで

しょう。ただ支援を考え直すとの声も挙がっているようで、もし連合

との調整がうまくいかない場合はさらなる混乱も予想されます。

広告

一方自身の発言が反映されない事となった前原誠司氏は

今回、「希望」の小池百合子代表(東京都知事)が、民進党議員の

中で、希望の基本的理念に合致しない場合は公認せず、「排除」す

ると明言したことについて、「私自身、どうなっているかは存じな

いが、真摯(しんし)な議論をしていただいている」と述べるにと

どめた。

以上。日刊スポーツソース。

 

全員公認と言っておきながら「存じない」というのは何ともがっくりく

るコメントなのですが、なんとなく日に日に前原誠司氏の存在感が薄く

なってきているのではと思わせる状況となりつつあります。

 

リベラルによる新党結成という話もあるようですが、現実的には時間の

関係からかなり難しいでしょうし、今でさえリベラルの誰かが集まって

という話も出てきません。もしかしたら会合を開いている事も考えられ

ますが、果たしてリベラルとされる議員はどこへ行くのでしょうか?

広告

 - 政治 , ,