PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

清原和博を逮捕。現役時代から使用していた薬物とは?離婚の一因にも。

      2016/02/04

Pocket

警視庁は2日、元プロ野球選手の清原和しました清原和博容疑者

(48)を覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した

と捜査関係者の話でわかりました。

2月2日午後8時より開始された警察の家宅捜索で覚せい剤0.1gを発

見し清原和博容疑者は「覚せい剤は私のものに間違いありません」

と容疑を認めているという事です。

広告

清原は覚せい剤使用を否定していた。

清原和博容疑者は週刊文春が記事にした覚せい剤使用の疑惑について

否定していて、

記事を出した週刊文春に対しては「訴訟をも含めあらゆる法的手段を通じて徹底

的に抗議する」と反撃。週刊文春は「記事には十分自信を持っている」(編集部)

としており、まさに全面戦争の様相だ。

以上。夕刊フジソース。

またしても、週刊文春といった感じですが、今回もセンテンススプリングの

恐ろしさを日本国民に知らしめたかっこうになりました。

広告

またしても週刊文春(センテンススプリング)の記事から発覚。

当時の記事では、「目の焦点が合っていない」「口はネチャネチャと粘つい

ていた」「ときおり意味不明のことを口走っていた」と書かれており、これ

に対し、当時清原和博容疑者は「糖尿病」としていて文春の指摘については、

糖尿病の薬の作用としていました。

その後、清原和博容疑者は約2億5000万円の損害賠償と謝罪広告の掲載等を

求めて文芸春秋社提訴する準備を進めていると報じられていましたが進展は

ありませんでした。

それに対し週刊文春も負けてはおらず、巨人時代にアンフェタミン系の「グリ

ーニー」を使用していたと報道し、コーヒーに溶かして使用していたと報じま

した。

ちなみにグリーニーとは服用した場合、眠くならなくなり、空腹感がなくなり

、集中力が出るとされており覚せい剤と同じ作用があるとされています。

 

これらの報道に対し、清原和博容疑者は

シャブ疑惑”を同誌に報じられた際、直撃取材した記者の胸ぐらをつかみ、

録音していたレコーダーを破壊。「(記事を)書いたら追い込むからな!」

とヤクザまがいの脅し文句を並べてしまったことだ。

以上。日刊サイゾーソース。

これが本当で、今回の逮捕と併せて考えると・・・・清原和博容疑者はとんで

もない人物としか言いようがないですね・・・。

 

以前より警視庁から目を付けられていたか?

週刊文春の報道がきっかけで警視庁が動いた可能性もあるのですが、実は清原和

博容疑者は5年程前に、大麻を使用しているという疑惑があったそうでその時に

組織犯罪対策5課が捜査に動いたという警視庁関係者の話がありました。

もしかすると、2011年あたりから清原和博容疑者は警察に目を付けられていたの

かもしれません。

最後に気になった名前の後の部分ですが、今回はマスコミ各社とも清原和博「容疑

者」と伝えています。奥さんが離婚を考えたのも清原容疑者の薬物の常習性?に感

づいた可能性があり、このあたりが離婚原因なのかもしれません。

 

関係者の声は・・・。

今回の清原和博容疑者の逮捕を受け、芸能リポーターの井上公造氏は

「ショックでした」とした上で、

「 何度も奇行は取りざたされていましたが。 やはり、覚せい剤は止め

られないのですね!」

と自身のツイッターで書き込んでいました。

同じく元プロ野球選手だった愛甲猛氏は、

「俺の情報網からXデーは近いよとは聞いてたけど…。 」

とツイッターに書き込んでいました。

PL学園の1年先輩だった関西国際大学硬式野球部の鈴木英之監督は、

「何年も前からうわさされていたのでやっぱりかという感じ。高校時代と

は人間が変わってしまったんかなと思います。大変残念です」

以上。産経新聞ソース。

として後輩の逮捕に無念さをにじませるコメントを残しました。

広告

 - 事件, 野球