PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

金本知憲監督最下位で辞任。これまで阪神OB・マスコミが批判。

      2018/10/11

Pocket

CS争いのはずが終わってみれば最下位という結果になってしまいまし

たが、この最下位を受け阪神は改めて金本知憲監督続投を表明してい

たものの、金本知憲監督は辞任する事になりました。

 

阪神球団は改めて続投を表明も辞任へ。

阪神は2001年以来の最下位が決定したのですが、3年契約の1年目とは

言え退任の話が絶えない今の阪神の状況を打ち消すかのように、金本知

憲監督続投を表明していましたが、辞任する事になりました。

広告

これまでは続投を表明しておりその流れとして、

4日に4位以下が確定した際に金本知憲監督の来季続投を示唆して

いた谷本修球団本部長は「全く変わらない」と引き続き指揮を託す

方針を改めて示し「ファンのご期待に沿えなかった。また一からや

り直します」と話した。

以上。東京新聞ソース。

 

と改めて金本知憲監督続投を表明しておりました。しかしながら金本

知憲監督退任話は消えることななく、矢野燿大(次期ヘッドコーチ)

や掛布雅之氏や岡田彰布氏の名前が挙がっています。ただ阪神OBは

金本知憲監督に関してはあまり同情的な視点では見ていないようで、

いわゆる「外様」の人物を重用する今の金本知憲監督に関してあまり

好意的ではないようです。

 

今の阪神にはアマチュア界からも抵抗があるようで

「将来のメジャーリーグ挑戦を視野に入れている球児も珍しくあ

りません。その影響で12球団OKのドラフト候補も増えましたが、

指導者のなかには『今の阪神はちょっと…』と言葉を濁す者も少

なくありません。藤浪晋太郎投手の不振、頭角を現した若手が2

年続けて活躍できないこと。教え子を預けても大丈夫なのかと心

配する声も聞かれます」

以上。リアルライブソース。

 

さらには「プロは大人で野球は仕事でしょ。弱いのに昔の高校野球み

たいに規律だけは厳しい阪神は、アマのドラフト候補に嫌われている」

と在京大学関係者が話しているとしています。

 

2、3年前は中日がアマチュア界から敬遠されていたのですが、今は阪

神が敬遠される状況となっています。

 

最下位で続投した阪神監督は1988年の村山実氏、1990年1991年

中村勝広氏、1999年2000年の野村克也の3人。最下位翌年にAクラ

ス入りしたのは1992年の2位1度のみとなっています。

 

しかしながら、やはりといいますか金本知憲監督は今季で辞任する事に

なりました。

広告

関西のマスコミやOBも金本知憲監督の批判を・・・。

このような状況下で関西のマスコミはこれまで金本知憲監督の批判はほ

どんどしなかったのですが、金本知憲監督の批判はNG扱いだったのが、

阪神OB・他球団出身の解説者が批判するようになってきているのです。

 

単純に成績のみならず、試合後のコメントが特に批判の対象となってい

ます。一例として

「普段なにをしているんだ?信用して起用しているんじゃない!」

「ウチだけじゃないかな。松坂(大輔)を打てないのは」

「あれがすべて。今年の悪い流れよ。ずっとバッテリーには口うるさ

く言ってるんですけどね」

「やりようがない。勝ちパターン(の投手を出して)で負けたわけですからね」

「守備面でのミスからの失点と、打つ方ですかね。得点力不足というのは

一番で。あとは内野の守備の乱れとか、その2つが大きかったですね」

 

と選手批判を公然とする対応にファンからも批判が出ています。このよう

な対応は日本ハムの栗山英樹監督がよく言う「俺が悪い」とは対極の反応

と言えます。

 

榎田は

「ライオンズに来てみると全然違う。阪神の場合は練習の時から見ら

れている雰囲気があり、全体練習でもウオーミングアップの時から、

しっかりと隊列を作って、規律正しくやることがほとんどだったので

……」

以上。朝日新聞ソース。

 

と阪神と西武の練習の対するアプローチの違いを語っています。

 

2019年の阪神は新監督の元でどこまで期待をすればいいのでしょうか?

広告

 - 野球 ,