PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

筧千佐子被告の現在は?本件判決後認知症が進行し生い立ちも忘れる?

   

Pocket

後妻業という言葉をはやらせる結果となった筧千佐子被告ですが、認

知症が進んでいるとされる今どのような状況なのでしょうか?

 

筧千佐子被告の現在は?

2013年12月に死亡した夫の事件を皮切りに、夫から青酸化合物が検

出されたことで、妻の筧千佐子被告の周辺を警察が捜査をしたところ

最初の夫を病気で亡くした1994年以降に、結婚や交際中に高齢男性

が相次いで死亡しており、そこから土地建物や遺産など8億~10億の

資産を手に入れていたとして内計4人分について逮捕・起訴され2017

年に死刑判決が下っています。

広告

筧千佐子被告にインタビューをし現在の心境を追った本『全告白 後

妻業の女 「近畿連続青酸死事件」筧千佐子が語ったこと』の中で著

者が被告の異様さを語っています。

 

筧千佐子被告は拘置所での面会が終わる度に本の著者に手紙を送って

いるようで、

「人恋しいです。お会いしたいです。〈本心で〉」、「スレ違いド

ラマ(昔のメロドラマ)みたいですね。本当に!マジで!お会いし

たかったのにくやしいです」。読んでいて赤面してしまうが、寂し

さを抱えながら生きている高齢者にとっては、判断をまちがえても

不思議ではない「愛のささやき」として届くのかもしれない。

以上。DIAMONDonlineソース。

 

たしか筧千佐子被告は認知症を患っており、裁判の際にも軽度の認知

症と診断されていたのだが、果たして本当に認知症なのか?

 

昨年、京都地裁の依頼で精神鑑定をした医師は公判でも「軽度の認

知症だが、公判で自身を防御する能力はある」と改めて述べた。(

中略) 認知症専門医で「認知症の人と家族の会」(京都市)の副

代表、杉山孝博さん(70)は、千佐子被告について「最近の出来

事を忘れるのは認知症の典型的な症状で、話したこと自体を忘れる

『全体記憶の障害』」とみる。

以上。毎日新聞ソース。

 

裁判中の記事ですが認知症にかかっているという点では一致しており、

認知症なのは間違いないのかもしれませんが、見る人の中には芝居を

しているだけと言う見方をする人もいます。たしかに刑の減刑を求め

て精神異常の演技をする人もいるのでしょうが、かなり高齢の筧千佐

子被告にそのような気力があるのでしょうか?

 

裁判員も判断が難しかったようで、審理時間をかけてでも証拠はすべ

て出してもらった上で判断したかった、少しは認知症の影響があった

かもなどの意見が出ていました。

広告

筧千佐子被告の認知症は進行しているのか?

今回の本の著者は、起訴されていない結婚・交際相手の数人、殺害を

認めているとしているものの途中で話の内容を変え、質問していない

内容を話し出したと思えは「自分の過去の仕事の記憶がない」とし、

記憶の減退をアピールしていたというのです。知症患者にこのような

タイプの人がいるのかどうかはわかりませんが、直にあった人物の評

価だけに説得力はあるのかもしれません。

 

しかし認知症と診断されている以上は、認知症であれば今後症状が

進む事は容易に予想されます。

 

弁護側は無罪主張をしていて、あくまでも認知症によって公判で自己

を守る能力がないとしいて犯行事実そのものを争っているわけではあ

りません。次の控訴審で認知症が進んだとして逆転無罪になる可能性

はあるのでしょうか?

 

「責任能力は事件当時の状況をみますので、仮に裁判中に認知症が

進行したとしても、責任能力の判断に影響が出ないと思われます。

他方、あまりにも進行してしまった場合には、裁判手続が停止する

こともありえます。控訴審で訴訟能力が失われた場合には、裁判手

続きは停止します。(以下略)

以上。弁護士ドットコムソース。

 

訴訟能力が回復失われた場合が続くと、訴訟手続を打ち切る事となり

仮に回復した場合には手続をやり直すというのですが、認知症が回復

する事は考えづらく、筧千佐子被告もおそらくはあのままでしょうか

ら裁判の進展は期待できないのでしょう。

 

2025年には認知症患者は全国で約700万人に達するとされており、

65歳以上の高齢者では5人に1人の割合に増えると見られています。

法務省によると、2015の刑法犯摘発人数の約20%が65歳以上の高

齢者で今後も高齢化社会のより高齢者の刑法犯摘発人数も増えていく

でしょうから、それに伴い認知症被告の裁判をどう扱うかが課題と

なってきます。

広告

 - 事件, 便利 ,