PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

嘉田由紀子氏が希望の党公認を却下され選挙に無所属出馬。夫とは離婚。

      2017/10/03

Pocket

元滋賀県知事の嘉田由紀子氏が次期衆議院選挙に無所属で出馬する事になり

ました。前原誠司氏からの要請だとしています。

 

嘉田由紀子前滋賀県知事が無所属出馬。

嘉田由紀子前滋賀県知事が次期衆議院選挙に無所属で出馬する事になりました。

嘉田由紀子氏が枝野幸男氏が結成した立憲民主党の支持はせずに比例では希望

の党への投票を呼びかけるとしています。

嘉田由紀子氏

当初は希望の党から出馬しようと模索していたようですが、公認を求めていたも

のの断られたとしています。

小池百合子代表の「希望の党」に公認を求めていたが、一任していた民進党

の前原誠司代表から無所属での出馬を要請され、受け入れた。

以上。産経新聞ソース。

 

としており前原誠司氏から断りの連絡があったものと思われます。しかしながら

比例で希望の党への投票を呼び掛けるという事は仮に当選した場合は希望の党入

りがかなうという事なのでしょうか?

嘉田由紀子氏は

嘉田氏は「立候補の要請を受けた理由はたった一つ、安倍政治を終わらせるこ

と。私物化された国政をほっとけないと、怒りがふつふつとしていた」と説明

し、「名を捨てて実を取るという前原代表の決意にも感動した」と述べた。ま

た、枝野氏から新党への参加を誘われたが、「『右』か『左』かではなく私は

ど真ん中」と述べ、「一緒にはできません」と断ったことを明らかにした。

以上。産経新聞ソース。

 

として立候補の理由を語っているのですが、政策らしき主張がないのは何かあ

るのでしょうか?嘉田由紀子氏は滋賀1区から出馬するのですが、これまでは

民進党の川端達夫氏(72)の地盤だったものの政界引退を表明した事で、前原

誠司氏から川端達夫氏を通じて嘉田由紀子氏に出馬要請をしたというのですが、

「日本未来の党」代表だったことが国政政党の党首とみなされ、「私と同様に

無所属で立ってほしい」と求められたとしています。この事が希望の党入りが

受け入れられなかった理由となっているようです。

広告

嘉田由紀子氏と滋賀県1区。

滋賀1区は2012年と2014年は共に自民党候補が当選していて川端達夫氏は2回

とも比例での当選となっています。得票率差は2012年は3.3%差で2014年は5.

3%の差を着けられています。しかし当選した自民党候補の得票率は50%を超え

ておらず、野党共闘次第で嘉田由紀子氏にも勝ち目があるとは思うのですが、無

所属である以上比例復活での当選が無理なのでどうしても勝たないといけないの

ですが、川端達夫氏(72)の地盤を引き継いだといっても嘉田由紀子氏も67歳

なので・・・果たして有権者からこの出馬をどう受け止められるかは何とも言え

ないところです。

 

嘉田由紀子氏は1950年5月18日生まれで埼玉県本庄市出身。1973年京都大学農

学部を卒業し、1981年京都大学大学院農学研究科博士課程を修了しています。2

006年に新幹線新駅の凍結や廃棄物処分場の中止などを主張して滋賀県知事選挙

に出馬し217842票を獲得し当選しています。2010年も同じく滋賀県知事選挙に

出馬しこの時は419921票いう滋賀県知事選挙において史上最多得票で当選して

います。この間2008年に夫・嘉田良平氏と離婚しています。

 

嘉田由紀子氏と希望の党との共通点で言えば脱原発が挙げられるのですが、憲法

改正に関しては

「慎重であるべきだ」との見解を示した。一方で「(憲法は)制定から60

年以上がたち、新しいニーズを盛り込む必要がある。頭ごなしに否定してい

るわけではない」とも述べ、改憲を全否定しているわけではないとみられる。

 ある民進陣営の関係者は「嘉田氏は(希望の党の公認条件について)あま

り考えていない印象だった」と話した。

以上。産経新聞ソース。

 

としていてまあ・・・政治家がテーマにする点は政治家の数だけあるのでしょう

から憲法改正に関心がないのは仕方ない面もあるのでしょうか?

広告

 - 政治 , , ,