PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

小・中・高生の自殺の多い日は?原因・対策が求められるも・・。

   

Pocket

夏休みも終わりに近づくころには子供の自殺が報道されるケースが多い

ようですが、実際には子供の自殺はどのような傾向があるのでしょうか?

 

小・中・高生に関する自殺に関して。

小・中・高生がどの日に自殺している割合が高いのかを自殺総合対策推

進センターが2018年8月7日に通学者の自殺者数に関する分析結果発表

しています。

広告

この調査の意味合いは厚生労働省発表の2015年度版自殺対策白書だと、

18歳以下は9月1日に自殺者が多い事がわかっているものの、18歳以下

でまとめているので、詳細がわからないという所から来ています。

 

日別に自殺者数をみると、小学校から高校までの通学適齢期では、9

月1日の自殺者数がもっとも多い。学校段階別では、中学生と高校生

は9月1日、小学生は11月30日の自殺者数の割合がもっとも多く、学

校段階によっては、必ずしも9月1日に自殺者数が最多というわけで

はないことが示された。

以上。リセマムソース。

 

小学生の場合日別に見た場合は1番目が11月30日で1.3%、2番目は3月10

・14・27・28・30日、4月16日、8月28・30日で1%となっており、中学

生は1番目が9月1日で1%、2番目が8月31日で0.8%、3番目が9月2日の0.7

%であり、高校生は1番目が9月1日で0.7%、2番目が4月11日で0.6%、3

番目が4月8日の0.5%の順になっています。中・高生は9月1日が一番多い

というのはよく言われていますが、小学生の11月30日というのは意外でし

た。夏休みが終わるころの自殺というのは何となく想像もつくのですが、

年によって曜日が違うはずなのに11月30日の自殺が多いのは何か理由が

あるのでしょうか?

広告

月別で見た場合は小学校では3月、中学校では1月、高校では4月が最も

多いという結果になっており、それぞれを年代別に過去10年間を見た場

合は小学生は3、9、8月に自殺者数が多く、中学生では8月下旬、9月上

旬、11月下旬、高校生では8月下旬、4月中旬、9月上旬の順となってい

ます。

 

地域別で見た場合の過去10年間の自殺者数のピークは北海道・東北、関

東、中部、近畿、中国・四国、九州・沖縄すべて8月下旬に集中してお

り、地域性に関しては特に時期の違いによる特徴は見られません。

 

地域別の区分ですが、

北海道:北海道

東北地方:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県

中部地方:新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県

近畿地方:三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

中国・四国地方:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県

九州・沖縄地方:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

となっています。

 

このように見た場合、いかに8月下旬から9月初めまでの自殺をいかに食

い止めるかが課題となりそうですが、解決策はあるのでしょうか?

広告

 - 便利