PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

日本共産党が韓国の判決を支持も徴用工の賃金が共産党に流れ党再建。

   

Pocket

日本と韓国で問題となっている徴用工(韓国の一方的な国際ルール無視)

ですが、日本共産党は韓国のこの判決を支持しているものの、自身の政

党に飛び火するかもしれません。

 

日本共産党の反応は。

徴用工の問題で日本と韓国との関係がかつてないまでに緊張状態にある

のですが、徴用工の判決に対して日本共産党はどのような反応を示して

いるのでしょうか?

広告

韓国最高裁は11月29日、三菱重工に1人当たり8000万から1億5000万

ウォン(約800万円~1500万円)の賠償を命じているのですが、日本共

産党の機関紙赤旗では「根本に反人道的な不法行為」との題材を付けた

上で

この問題の根本は、日本の植民地支配と侵略戦争のもとで起こっ

た日本政府と企業による反人道的な不法行為に対する人権問題で

す。日本政府は原告の訴えに耳を傾け、公正な解決に向けた努力

をすべきです。

以上。赤旗ソース。

 

として完全に韓国側の視点で書かれている他、志位和夫委員長は安倍

晋三首相が、「あり得ない判断だ」とした事に対し「この対応には重

大な問題がある」と批判しているのです。

 

志位和夫委員長の見方は国家で解決しても個人の請求権は消滅しない

というものなのですが、これは当然の事ながら請求の相手韓国政府と

いう前提であり、日本である事はあり得ません。当然国際常識の範囲

での話です。

 

さらには「国としての請求権も請求権協定の適用対象に含まれない

と判定を下した」「検討されるべき論理だ」日韓請求権協定を完全

に無視した理論も展開しています。

広告

徴用工の賃金が共産党に

しかしながらこの徴用工の資金が日本共産党に流れていたというのです。

2004年に刊行された「朝鮮総連」(著者・金賛汀)によれば

「最大の財源になったのは帰還していく強制労働者の未払い賃金等

であった。1946年末までに朝連(朝鮮総連)中央労働部長名で強

制連行者を雇用していた日本の各企業に未払い賃金の請求が出され

た。その請求額は4366万円に達し、朝連はかなりの金額を企業か

ら徴収し、それらのほとんどは強制連行者の手には渡らず朝連の活

動資金に廻された」

 

とあるのです。この4366万円について「これらの豊富な資金は日本共

再建資金としても使用された。」と記述があり、GHQが当時府中

刑務所に収容中だった徳田球一氏、金天海氏ら16名の共産主義者など

を釈放したとあります。

 

そして

「こうして日本共産党は活動を再開したが、金天海が中央委員に選

出されたこともあって、日本共産党再建初期の活動資金のほとんど

は朝連が拠出した。こうして朝連と日本共産党の強い結びつきが成

り立ったのであった」

 

とあるのです。朝鮮総連が企業から金を徴収→その資金で日本共産党

献金という流れだったのです。当時のお金で4366万円だそうですが、徴

用工のお金で再建を果たした日本共産党は自身の徴用工との関係に真摯

に目を向ける用意はあるのでしょうか?

広告

 - 政治