PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

日本共産党が資金難か?供託金没収阻止のため立憲民主党と野党共闘を?

   

Pocket
LINEで送る

日本共産党が資金面で苦しいのではとの指摘があるようです。10月6日の

しんぶん赤旗では、総選挙にて全国紙に広告を掲載するには億単位の資金

が必要としており、新聞広告募金なるものを募っているのですが・・・。

 

共産党は資金難か?

立憲民主党が立候補を予定している選挙区には候補者を立てないとしてい

るのですが、共産党はこれませ積極的に野党共闘を進めてきましたが、そ

の理由として共産党の資金難が指摘されており今もそれが解消されていな

い状況となっているようです。

広告

しんぶん赤旗のHPには大募金運動なる内容が記載されており、日本共産党

の戦いには、大きな資金が必要だとした上で

世界の中でも異常に高額な供託金制度により、供託金の準備が必要です。

メディアによる、さまざまな情報が氾濫する中で、わが党の訴えを広く

有権者に知らせる宣伝物の作成、一般紙への宣伝広告の掲載、宣伝カー

の運行など、多大な資金が必要です。もちろん、党として供託金、選挙費

用も、一定の備えはしてきましたが、募金をお願いしなければならない

のが実情です。

以上。しんぶん赤旗ソース。

 

とした上で、「今回は、とくに急を要する募金です。」とかなり切迫感を

感じさせる内容となっています。共産党が資金難の理由の1つとして考え

られるのは政党交付金を受け取っていないというのがあり、「思想・良心

の自由に反し、憲法違反である」等の理由から受け取りを拒否しており、

共産党の分は他党に配分されています。これまで共産党は一貫して政党交

付金を受け取っていません。

 

あと供託金の問題もあり小選挙区制では有効投票総数の10分の1以下で3

00万円の没収となるのですが、

広告

1996年の小選挙区制度移行後を見てみると

 当選者立候補者没収者没収金額没収者割合
1996年22991093億2700万円36.45%
2000年03001303億9000万円43.33%
2003年03002357億0500万円78.33%
2005年02752236億6900万円81.09%
2009年01521243億7200万円81.58%
2012年02992457億6200万円81.93%
2014年1292962億8800万円32.88%

 

となっていて確かに2003年以降は相当7億近い供託金の没収額となってい

るのですが、2014年に関しては民主党への失望もあり、その票が共産党

に流れている事も影響してか292人もの立候補者を出したにも関わらず供

託金没収額は3億円を切るところまで改善?しています。

 

ただそうはいっても供託金没収が共産党の財政を蝕んでいる状況に変わり

はなく、共産党の本音としては何としても野党共闘を実施して、独自候補

の立候補を少なくしようとしたいのですが、民進党の混乱などでかなり危

ぶまれていたのですが、立憲民主党の登場で取りあえずは一安心といった

ところでしょうか?共産党は小選挙区での立候補予定者を、64人取り下げ

たと発表しています。

 

赤旗の部数も減少気味な現状で見た目上勢いを感じさせる共産党は資金面

ではかなり厳しいようですが、今後の展望は開かれるのでしょうか?

広告

Pocket
LINEで送る

 - 政治 , ,