PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

石破茂氏が6月に総裁選出馬表明も、離党の過去が自民党出身者に不評?

   

Pocket

石破茂氏が総裁選出馬表明に動き出すようです。すぐにというわけでは

ないのですが、自民党総裁選について立候補の表明について語っていま

す。

 

石破茂氏が6月にも態度を表明か?

これまで9月に行われる自民党総裁選について多くを語ろうとはしなかった

石破茂氏ですが、現在も多くは語らないものの立候補を表明する時期につい

て、6月20日が会期末となる今国会の閉会後に表明するとの見通しを話しま

した。

広告

石破茂氏は今の国会の混乱に絡めて

重要法案が成立しないまま山積しているわけで、きちんとできる限り法

案を通すことが大事。国会が閉じて、状況がある程度安定してくるとい

うのが最低要件として必要だ。

以上。朝日新聞ソース。

 

とし国会閉会後の自民党総裁選への出馬表明の可能性を示唆しました。そ

して自民党総裁選での連携については、政策が似通っているのであれば連

携しないほうがおかしいと話し、連携について前向きに語りました。特に

岸田派に関しては、政策が似通っており親和性があるとまで評価しており、

何としても早いうちに票固めをしておきたいのでしょう。

 

以前石破茂氏は岸田派が「持続可能性のある日本」を政策目標に掲げた

際に「岸田派の努力に心から敬意を表する」と高く評価をしていて、少

々必死な感じもしないではないのですが、石破茂氏としては安倍内閣の

支持率が下がってきている今こそが最大かつ最後のチャンスかもしれま

せんので、今も水面下では慌ただしく動いているのかもしれません。

広告

次の総裁候補のアンケートでは前向きの結果。

いくつかのマスコミが次の総裁候補は誰がいいですか?というアンケー

ト調査を行っていますが、ここでは石破茂氏への反応はかなりよく本人

もある程度の手ごたえを感じているかもしれません。

 

産経新聞社とFNNによる合同世論調査では、次期総裁について石破茂氏が

25.7%とトップと言う結果が出たようです。2位が小泉進次郎氏の24.4%、

3位が安倍晋三首相の20.9%だとしています。ただ自民党支持者に限ると

安倍晋三首相が46.1%で2位で17.2%の小泉進次郎氏と3位で16.9%の石

破茂氏を大きく突き放す結果となっています。石破茂氏としては自民党支

持者の支持を得る必要性があり、ここを何とかしないと党員票が得られな

いかもしれません。ちなみに無党派層では、小泉進次郎氏が30.4%、石破

茂氏が30.1%、安倍晋三首相は6.3%でした。

 

朝日新聞での調査でも同様の結果が出ており、石破茂氏が28%、安倍晋三

首相が23%となっているものの、自民党支持者では安倍首相が47%で石破

氏は24%とこちらも安倍晋三氏がかなり優位となっています。男女別では、

男性が石破氏32%、安倍首相28%で女性は石破氏24%、安倍首相18%と

石破茂氏が優勢の数字が出ています。

 

石破茂氏の陣営では小泉進次郎氏を巻き込み事で次の総裁候補とさせる動

きもあるとしており

「総裁選のキャッチフレーズは『石破の次は進次郎』に決まりだな。石

破さんも、“オレは進次郎までのつなぎになる”と言っている」

以上。NEWポストセブンソース。

 

だというのですが、本当にそのような事を考えているのでしょうか?

広告

 - 政治 ,