PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

井上公造氏と宮根誠司がASKAの音源の公表で謝罪。著作権は?

      2016/12/24


12月23日に「情報ライブ ミヤネ屋」で宮根誠司と井上公造氏がASKAの

曲を無断で公表したとして謝罪しました。場合によっては著作権法違反に

問われる可能性が指摘されています。

 

宮根誠司と井上公造氏が謝罪。

「情報ライブ ミヤネ屋」で宮根誠司と井上公造氏がASKAの未発表の音

源をASKAの許可を得ずに番組で放送した事を謝罪しました。

広告

「公造さん、曲を流しちゃダメだって」とASKAに抗議された井上氏は

井上氏は「ASKAさんの心情を考えたら別のやり方があったんじゃな

いかと思ってますし、色んな思いがよぎるのも事実です。本当に申し訳

なかったと思います」と謝罪。

 宮根アナも「番組としても楽曲を含めて慎重に検討した結果、放送し

たという形になりましたけれども、ASKAさんに対して大変、心情を

害したということは大変申し訳ありませんでした」と頭を下げ、「本当

にお詫び申し上げます」と謝罪した。

以上。デイリースポーツソース。

 

著作権法には公表権なるものが存在していて、著作者人格権の中にあるも

のとして

自分の著作物で、まだ公表されていないものを公表するかしないか、す

るとすれば、いつ、どのような方法で公表するかを決めることができる

権利

以上。公益社団法人著作権情報センターソース

 

というものに抵触している可能性があるという事で、単に公開するしない

という問題を超えた法的な事案となっている事への謝罪も含まれているよ

うです。

 

もちろん著作権法違反は告訴があって成立する可能性があるもので、万一

認められた場合は「公表権」を侵害した者に、著作権法119条2項1号によ

り5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金、またはこれらを併科(同

時に二つ以上の刑に処すること。)される可能性が出てきます。

広告

加藤浩次にも怒られた?井上公造氏。

さらに同じ日の「スッキリ!!」では加藤浩次が井上公造氏にクギを刺す場面

がありました。

 

成宮寛貴氏の現在の居場所についてヨーロッパあたりで、日本人の少ない場

所に同伴者といるという話をしたところ加藤浩次が

しかし加藤はこの独自情報に対して、「成宮くん、もう引退してますから

ねぇ」「一般の方ですもんね。扱いとしてはね」と井上氏をたしなめるか

のように発言していた。

以上。トピックニュースソース。

 

たしかに成宮寛貴氏はもう素人なので、同じ芸能人としての扱いというのは

違和感を感じる部分もあるのですが、ただそれを井上公造氏に指摘しても仕

方ないかなとも思います。どうせ誰かが追いますし、いまだに他局が成宮寛

貴氏関連の報道もしてますしね・・・、おそらくは局としては「成宮寛貴氏

」の報道をしているのではなくて「A氏」の報道をしていると言うんでしょ

うけど。

広告

 - 芸能 , ,