PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

ヒアリがポートアイランドでも発見。発見・刺されたらどうするか?

   

Pocket

先月26日に、神戸港でコンテナの中から数百匹以上のヒアリが見つか

ったのに続き、今度はコンテナが5日間保管されていた神戸港のコンテ

ナ置き場のアスファルトの割れ目からヒアリが新たに見つかりました。

 

ポートアイランドでもヒアリを発見。

ポートアイランドでもヒアリが発見された事を環境省が発表しました。

今回確認された場所はコンテナの保管場所から20~30メートルほど離

れていて、コンテナにいたヒアリが逃げ出した可能性があるとしていま

す。女王アリや卵は確認できなかったとしていて、現場住宅街から1キ

ロ程度の場所だったという事です。

広告

結局外へ逃げ出したという事になるのですが、

コンテナは5月20日に中国・広州市の南沙港から神戸港に到着した

貨物船に積まれており、25日まで神戸港で保管。その後、26日に

兵庫県尼崎市内で積み荷を取り出す際にアリの群れが見つかり、鑑定

の結果、今月9日にヒアリと判明した。

 このため、環境省はコンテナ保管場所の周辺で緊急調査を開始。1

6日、保管場所から20~30メートル離れた舗装の亀裂3カ所でア

リ約100匹の群れを確認し、殺虫剤で駆除した。18日になって専

門家によりヒアリと確認された。

以上。産経新聞ソース。

 

と流れを説明していますが、そもそもヒアリが完全にいなくなったかどう

かの証明は不可能なので、このまま報道がなければいなくなったとも解釈

できなくはないのですが、セアカゴケグモはその後も広く繁殖をしている

状況を考えるとおそらく今もどこかにヒアリが潜んでいる可能性は高いと

言わざるを得ません。

広告

女王アリがいなければまだ一安心だが・・・。

現地点では女王アリが確認されたわけはないので、そのあたりは一安心と

言えるのですが、その一方で卵がコンテナの中で見つかっているという事

なので、女王アリがいないとは断言できません。

 

「調査では女王アリが見つかっていないということなので、コンテナ

の中にいたものが逃げ出した可能性が高く、陸ですでに定着している

という最悪のケースではないと思う。広域に広がる前に根絶すること

が重要だ。今回確認された港湾地区全体に監視を広げ、2、3年は監

視を続ける必要がある」

以上。NHKソース。

 

とにかく監視をする事が重要で、民家で見つかったとなればもう根絶は

不可能です。ですので、なんとそても湾岸単位で何ともしても食い止め

なければいけません。これまでヒアリは台湾やオーストラリアやニュー

ジーランド・インド・フィリピンでも生息が確認されているのですが、

根絶に成功したのはニュージーランドのみで、早期発見が原因で根絶に

成功した唯一の国となっています。

 

ですので、市民レベルでの監視が必要となりヒアリらしきものを発見し

たらただちに市に連絡すべきです。

 

もし、ヒアリに出くわした場合は

1、素手では触らない。

2、熱湯で駆除する。薬品は必ずしも期待できない場合がある。

3、市の環境事務所に連絡する。

 

刺された場合は

1、20分程安静にし、容態の変化に気をつかう。

2、その上で容態に変化がある場合は救急車を呼びヒアリに刺された事を伝える。

広告

 - 便利 , ,