PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

早生まれはスポーツで損や不利が?年齢・学年別の調査に意味は。

   

Pocket

これまでスポーツをする際に言われてきた「早生まれ」が損をするとい

う説について研究がなされています。一体どのような結果となったので

しょうか?

 

早生まれはやはりスポーツをする上で損なのか?

よく言われている「早生まれ」によるスポーツをする上でハンデが生じ

るかどうかの話なのですが、実際そのような説はあるのでしょうか?こ

ういう類の話はたまに話題にはなるものの、あまり注目度は低いような

感じでもあるのですが・・・。

広告

奈良女子大学が研究した発表があるそうで、それによると4月~6月生ま

れのJリーグの選手は全体の34.7%という結果が出ており、プロ野球の

場合は32.8%ととの結果となっています。

 

一方で「早生まれ」とされている1月~3月の選手の割合は、Jリーグの

選手は全体の14.6%で、プロ野球の場合は14.2となっていて、これだけ

を見るとプロになる場合は早生まれの割合が低い事から早生まれはスポ

ーツに関しては不利な印象を持たせます。

 

さらに奈良女子大学では奈良県の児童3610人に体力測定を行い、4月~

10月を前期、11月~3月を後期とわけ調査をしています。その結果小学

校1年から中学3年すべての学年で前期生まれの子供のほうが後期生まれ

の子供よりも身体能力や体の大きさで差があったというのです。

 

特に小学5年生以降にその差がはっきりと分かれるとしており、中学2年

生の場合、平均身長で4.6cm・体重にして3.3kgの差があったとしていま

す。体重はともかくとしても平均身長で同学年で4.6cmも開きがあるとい

うのはかなりのハンデとなる事は容易に予想されます。体力測定では立ち

幅跳びで14cm・握力で4.2kgの差があったとしています。

 

もう少し月別を細かくしたらさらにわかりやすい傾向があったのかもし

れませんが、それにしても前期と後期を分けただけでもこれだけの差が

でるというのは以外とまでは言わないまでも、それなりのショッキング

な数字ではあります。

広告

ただこれは男子の関するもので、女子に関しては小学1年~小学4年まで

は男子と同じ傾向だったものの、小学5年生以降はほとんど差がなかった

という事です。

 

差がない原因についてはまだ調査中のようですが、そういえば卓球でも

女子がたまに小学生が中学生に勝つことがあるそうなので、あまり体力

的な差が女子全体には生まれにくいのかもしれません。この調査があく

までも同年代の体力や身体差を図ったものですが、女子の場合はその伸

び具合にも差が出にくかったりするのかもしれません。

 

結局のところ「早生まれ」がスポーツで損な事を証明してしまった形で

すが、一方で桑田真澄のように早生まれでもスポーツ界で活躍する人も

いますので、あまり早生まれのハンデは意識しすぎないほうがいいのか

もしれません。

広告

 - 便利