PAPEPONS.COM

世の中のいろいろな流行り・ できごとを伝えていきます。

*

羽鳥慎一モーニングショー視聴率1位。コメンテーター長嶋一茂と不仲?

      2016/09/23

Pocket

これまで「とくダネ!」と「スッキリ!!」に押されていた「羽鳥慎一

モーニングショー」がついに民放での視聴率トップに立つ事になりま

した。

 

「羽鳥慎一モーニングショー」が視聴率民放トップに。

テレビ朝日で放送されている羽鳥慎一モーニングショーがついに民放での

視聴率トップに立ったというのです。この時間帯はワイドショーの激戦区

で9月第3週の平均がモーニングショーが7.7%でスッキリ!!の1部が7.

3%、とくダネ!が7.0%となっています。

広告

これだけを見ても激戦ぶりがわかるのですが、これまでは加藤浩次と小倉

智昭で2強だっただけにこの壁を破ったのは大きいと言えます。

「局内はもう喝采の嵐です。もちろん、その陰には羽鳥さんの不断の努

力があります。裏番組との大きな違いは、MCの羽鳥本人が自分でパネ

ルをめくったりしてニュースを詳細に解説していることでしょう。もち

ろんそのための予習復習、スタッフを交え ての会議など、われわれが驚

くほど勉強して番組に臨んでいる。自身の名前を冠した冠番組だけに責

任感もハンパではありません」

以上。日刊ゲンダイソース。

 

この「自分でパネルをめくったりして」の部分はかつてのやしきたかじん

氏を思い起こさせるものがあります。パネル芸と称されたのを羽鳥慎一が

一部取り入れたのかもしれません。もちろん今後も維持できるかどうかは

わかりませんが、それでも2強を超える視聴率を出したのは快挙だといえます。

広告

羽鳥慎一と長嶋一茂との関係に不安が。

しかしながら「羽鳥慎一モーニングショー」がこのまま順調にいくかとな

ると必ずしもそうはならないかもしれません。ここ最近話題となっている

のが羽鳥慎一と長嶋一茂との関係にヒビが入っているとの見方があります。

 

羽鳥アナは「苦手というのは、嫌いじゃなくて困っている」と補足する

も、「けっこう本気で困っている」とガチな悩みであるとし、「司会と

して話を振ったときに『ごめん、聞いてなかった』って…」と生放送中

に話を聞いていないことがよくあると訴えた。

以上。マイナビニュースソース。

 

と別のテレビ番組で暴露。そして事の真相を確かめる為に長嶋一茂を訪ね

ると

長嶋は「確かに見てないVTRもありますね。申し訳ないとは思うけど、

けっこう見ないでもしゃべってるよ」とぶっちゃけ、羽鳥アナは「ダメ!

見てしゃべって!」と突っ込んだ。

以上。マイナビニュースソース。

 

としてVTRを認めた上で長嶋はこの件について謝罪したようなのですが、

この後「モーニングショー」の反省会で羽鳥慎一と長嶋一茂があのテレビ

での件で言い争いになったとか。それが最終的にはお互いの不満に発展し

大げんかになったとしています。

その後は「お互いの悪口を陰で言い合っているような状態ですよ。さら

には一茂が『もう降りたい』と番組に申し出て、羽鳥が『一茂さんが降

りるなら僕が降ります』とモメたこともあったんですが、結論としては

2人とも残留でおさまったそうです」(事情通)

以上。東スポソース。

 

このやりとりの流れが今一つ理解できないのですが、長嶋一茂が「降りる」

と言った際に「一茂さんが降りるなら僕が降ります」とお互いが共演者なら

このやりとりは理解できるのですが、メイン司会の羽鳥慎一が言うセリフで

はないと思うのでなんとも不思議な感じがました。

 

今後もこの危うい「羽鳥慎一モーニングショー」は注目となります。

広告

 - 芸能 , ,